メンズケア

『帽子を被るとハゲる!』嘘?本当?帽子を被ったあとは頭皮ケアが大切!【薄毛対策】

帽子を被ってよく出掛けるあなた、〝毛根へのダメージ〟気になりませんか?

帽子を長時間被っていると、

  • 頭が痒くなる
  • 頭皮が締め付けられる
  • 頭皮が汗臭くなる

といった経験をした方も多いのではないでしょうか?

うっき

頭皮のニオイが気になることがありました・・・

本記事では、

  • 帽子は頭皮によくないって聞くけど本当?
  • 帽子を被るのは頭皮によくないの?

と考えている方へ向けて、帽子を被るとハゲると言われている理由や対処方法を紹介します。

帽子を被ると〝ハゲる〟のか?

「帽子を長時間被るとハゲるのか」と気になりませんか?

結論から言うと、

『ハゲる人は帽子を被っていようがいまいがハゲる』

ということです。

しかし、ストレスや生活習慣が薄毛の原因になってしまう人も実際にいて、帽子を被ることによって頭皮にストレスを与えているのは事実です。

まずは帽子を被ることによって頭皮にどのようにストレスを与えているのか理解していきましょう。

以下のような状態になることで頭皮や髪の毛にストレスを与えています。

  1. 高温多湿で蒸れる
  2. 雑菌が増殖する
  3. 血行不良になる
  4. キューティクルがなくなる

①高温多湿で蒸れる

帽子を長時間被っていると、帽子の中が〝高温多湿状態〟になるので、自分では気付かないうちにかなりの汗をかいています。

汗をかくことは体温調整をする機能なので問題ありませんが、問題になってくるのは汗や皮脂が毛穴に詰まるということ。

皮脂は頭皮への刺激や乾燥から頭皮を守るために必要なものですが、分泌量は人によって異なります。

皮脂の分泌量が多い人は汗をかくことによって皮脂が流れて毛穴に詰まりやすくなってしまい、詰まった皮脂が頭皮にストレスを与え薄毛を進行させる可能性が高くなってしまいます。

うっき

皮脂が詰まるってなんだか汚いですよね。ストレスかかりそう…

②雑菌が増殖する

帽子の中が汗をかいて高温多湿の状態になると、雑菌が増殖しやすくなります。

ご存知の通り、高温多湿という状態は菌が繁殖するのには最高の環境で、菌が増殖することによって頭皮環境が悪化してしまいます。

頭皮環境が悪化すると、炎症を起こして

  • 痒くなる
  • フケが出る
  • 臭いが出る

原因にもなります。

フケや痒みというのは頭皮環境が悪くなってきたサインなので、放置しておくと頭皮にストレスを与え抜け毛や薄毛の進行に繋がってしまいます。

うっき

帽子を脱いだ時にモワッと臭いがあるのは、頭皮環境が悪くなっているからなのかもしれませんね。

③血行不良になる

帽子を長時間被っていると、頭皮が締め付けられているような感覚になることありませんか?

頭皮にはたくさんの毛細血管が通っていてその血管から毛根に栄養が運ばれていくのですが、帽子を被って締め付けられているような感覚がでてきたら、頭皮の血管が圧迫されて血流が悪くなっているということになります。

毛根に栄養が届かないことは頭皮にストレスを与えていることになるので、毛髪が痩せたり傷んだりして抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

うっき

頭のサイズに合った帽子を選ぶことも大切になってきます。

④キューティクルがなくなる

頭のサイズに合わない帽子を長時間を被っていると、頭皮や毛髪が帽子と擦れてしまいます。

毛髪はとても繊細で物理的なダメージに非常に弱く、毛髪がこすれることで〝キューティクル〟と呼ばれる層が破壊されてしまいます。

キューティクルは毛髪そのものを保護してくれているため、キューティクルがダメージを受けてしまうと、毛髪の栄養分や水分が流れてしまい毛髪が乾燥したり傷む原因になります。

  • 毛髪が切れやすくなる
  • 枝毛になりやすくなる

などダメージを受けているということは、抜け毛や薄毛に繋がっているということになりますね。

うっき

帽子の中に切れた髪の毛が入っていることがあるのは、キューティクルがダメージを受けているから?

帽子を長時間被ることによる頭皮へのストレスを減らす方法

帽子を被らないというのが一番の対策となるのですが、お洒落をしたいし紫外線からのダメージも気になります。

ここでは帽子を被ることが多いあなたへ向けて、頭皮へのダメージを減らす方法を紹介していきます。

  1. こまめに汗を拭く(乾燥させる)
  2. 帽子の中を清潔に保つ
  3. その日のうちにしっかりシャンプーする

①こまめに汗を拭く(乾燥させる)

先に述べたように、帽子を被ることによって薄毛を進行させてしまう理由には〝汗〟が関係ありますす。

夏の暑い時期や高温多湿の環境で帽子を被る場合はは、こまめに頭皮の汗を拭いたり帽子を脱いで頭皮を乾燥させてあげることで皮脂の詰まりを軽減できます。

汗をかくのは仕方がないので頭皮に皮脂が詰まることを軽減させることが大切になってきます。

真夏に帽子を被ることが多い方や、帽子を被って汗をかく作業をする方は気を付けたいですね。

  • 汗などでふやけた毛髪は外部からの刺激に弱くとても切れやすいので、強くこすって頭皮を拭くのは控えましょう。
  • 汚いタオルは雑菌が増える原因になるので清潔なタオルを使用しましょう。
うっき

タオルを頭から被って〝揉む〟ように優しく地肌の汗を吸い取りましょう。

②帽子の中を綺麗に保つ

帽子の中は常に綺麗に保つよう心掛けましょう。

汗の成分が染み込んだ帽子は雑菌が増殖している状態です。

雑菌のいる帽子をそのまま被ることは頭皮に悪影響ですし、頭皮が臭くなる原因にもなってしまいます。

帽子を被って汗をかいたり長時間帽子を被ったという時は、

  • 適度に選択する
  • 除菌スプレーを吹きかける

などして菌の繁殖を防ぎましょう。

うっき

しっかり乾かして菌が増えないようにすることも大切です。

③その日のうちにしっかりシャンプーする

帽子を長時間被った頭皮環境は、

  • 汗で菌が繁殖している
  • 締め付けで血行が悪くなっている

など、〝最悪な状態〟になっています。

頭皮に汗を残してしまうと頭皮が湿って雑菌が繁殖する原因となってしまうので、その日のうちにしっかりシャンプーをして汚れを落としましょう。

  • 爪を立てて洗うと頭皮にダメージを与えてしまい、健康な状態を損なってしまいます。指の腹で優しくマッサージするように頭皮を洗うようにしてください。
  • 乾かさずに寝ると蒸れて菌が繁殖してしまい、髪の毛や頭皮にダメージを与えたり臭いの原因になってしまいます。タオルドライをしたあと、しっかりドライヤーで乾かすようにして下さい。

\正しいシャンプーのやり方と注意点で頭皮環境を整えましょう/

帽子を被ると頭皮が臭い!?シャンプーの正しい洗い方【抜け毛対策】頭皮環境を整えよう!帽子を被った時の頭皮のニオイ気になりませんか?モワッとした汗のニオイ…しっかりシャンプーで落としたいですよね。本記事では、シャンプーの正しい洗い方を紹介します。頭皮をケアして薄毛を予防しましょう。...

帽子を被るとハゲるのは嘘?本当?|まとめ

頭皮へのダメージを予防しよう
  1. 細目に汗を拭いて菌の増殖を防ぐ
  2. 帽子を綺麗に保って菌の増殖を防ぐ
  3. 毎日シャンプーして頭皮環境を整える

毎日のように帽子を被るからといって、みんながみんなハゲるという訳ではありません。

しかし、ハゲやすい環境になるというのは確かです。

頭皮を守れるのは自分自身しかいません。

長時間帽子を被ることが多い人は、他の人に比べて頭皮環境が悪くなりやすいです。

ですから、将来ハゲたくないという人は【頭皮を清潔に保つ】という努力だけは絶対に怠らないようにしましょう。

ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。