はじめての犬

バーベキューに犬を連れて行く時の注意点!準備したい犬用グッズ【8つ】

悩む男性
悩む男性
愛犬をバーベキューに連れて行きたいんだけど、注意点とかおすすめグッズってあるのかな?
うっき
うっき
基本的にバーベキュー場のマナーやモラルをしっかり守っていれば問題ありません。バーベキューでおすすめしたい犬用グッズもあるので紹介します。

 

「愛犬と一緒に自然を満喫したい!」という方におススメなのが『バーベキュー』です。

美味しいお肉や野菜を食べられるだけでなく、愛犬と自然を思いきり満喫できるので、近年では犬を連れてバーベキューを楽しめる施設が増えています。

 

愛犬との思い出作りにバーベキューを楽しみたいですよね?

本記事では、バーベキューに犬を連れて行く時の注意点や準備しておきたい犬用グッズを紹介します。

 

この記事がおススメな人
  • 愛犬と一緒にバーベキューに行きたい飼い主
  • 犬と一緒にバーベキューをする時の注意点を知りたい飼い主
  • バーベキューにおすすめの犬用グッズを知りたい飼い主

 

バーベキューに犬を連れて行く時の注意点

 

普段は体験できない景色や空気、バーベキューの雰囲気は愛犬にも刺激になるし、自然に囲まれてリフレッシュもできます。

バーベキューを楽しめるのはもちろんのこと、大自然を満喫できるのもバーベキューの醍醐味ですよね。

 

バーベキューに犬を連れて行く時の注意点は以下の通り

  1. ペット同伴可のバーベキュー場であること
  2. ノーリードOKの施設か
  3. 伸縮リードの使用方法に注意
  4. 犬の誤飲・拾い食いに注意
  5. 犬から目を離さない
ふく
ふく
自然の中を思いきり走り回りたい♪ 
ぺこ
ぺこ
 お肉!お肉をちょーだーい♪  
うっき
うっき
犬によっても目的が違うようですね。まずは犬連れバーベキューの注意点を見ていきましょう。

 

①ペット同伴可のバーベキュー場所か

まずはペット同伴可のバーベキュー場かどうか下調べしましょう。

最近では、食材から道具まで全てレンタルできるバーベキュー場や、準備や後片付けまでしてくれる施設もあります。

 

愛犬とバーベキューを楽しみたいけど、バーベキューは初心者で何から手を付けたらいいのかわからないという飼い主さんは、手ぶらで楽しめるバーベキュー場を選んでみましょう。

他にもドッグランが併設されていたり、柵で仕切られているバーベキュー場やキャンプ場もあるので、目的に合った施設を探してみるといいですね。

ふく
ふく
ぼくは人見知り&犬見知りだから、貸し切りが良いな♪ 
ぺこ
ぺこ
あたちはお肉が食べれれば何でもいいや♪ 
うっき
うっき
僕は片付けが面倒なので、手ぶらでバーベキューがいいです!犬の性格や飼い主の目的によって施設を選びましょう。

 

②ノーリードはOKの施設か

施設によっては犬のノーリードが禁止されている場所もあります。

また、ノーリードOKの場所でも、慣れない場所やニオイに興奮して攻撃的になってしまう犬もいます。

そのような場合はすぐにノーリードにしないで、バーベキュー場の雰囲気に少し慣れさせてからノーリードにするようにしましょう。

うっき
うっき
しっかりトレーニングされていても、開放的になって逃げだしてしまうことも考えられますね。 

 

③伸縮リードの使用に注意

バーベキュー場では、伸縮リードやロングリードの使用方法に注意しましょう。

『伸縮リードを伸ばした時のワイヤーやロングリードに引っ掛かって歩行者が転んだ』という映像をテレビ番組で見たことがあります。

その他にも、バーベキュー場に来ている他の人に迷惑にならないように、リードの伸ばしすぎには注意するようにしましょう。

うっき
うっき
伸縮リードを伸ばしてフラフラ散歩をしていると、すれ違うのに結構邪魔になったりしますよね。  
ふく
ふく
施設にいる人みんなが犬好きとは限らないよね。 
ぺこ
ぺこ
愛犬をすぐに制止できるような距離を保つようにしよう。

 

④犬の誤飲・拾い食いに注意

バーベキュー場は自然の中にあることが多いですよね。

植物やキノコ類などに犬が興味を示し、食べてしまうこともあります。また、人間が捨てたゴミや食べ物を誤飲する可能性も考えられますよね。

 

拾い食いや誤飲をすると、食べたものによっては中毒症状を起こしてしまったり、串など尖ったものを誤飲したら体内で刺さってしまうこともあります。

拾い食いをしないように日頃からトレーニングをするのはもちろんのこと、バーベキューばかりに夢中にならずに、愛犬から目を離さないことが大切になってきますね。

うっき
うっき
散歩道に普通に生えている花を食べても、犬にとっては害のある可能性があります。バーベキュー場でも植物などを食べないように気を付けましょう。

 

【⇓犬が有害な植物を食べてしまった時の症状や注意点はコチラ】

犬が花を食べるけど大丈夫!?有害な植物を食べた時の症状と対処方法「犬が花を食べるんだけど大丈夫かな?」と心配になる飼い主さんも多いですよね?本記事では、犬が花を食べてしまった時の対象方法や注意点を紹介しています。...

 

⑤犬から目を離さない

先ほど述べた誤飲や拾い食いもそうですが、愛犬からちょっと目を離したすきにバーベキュー用のタマネギを食べてしまったり、子供のおやつのチョコレートを食べてしまう可能性も考えられますよね。

 

他にも、愛犬が人や犬好きの場合は、バーベキュー場に来た他の人のところへ走って行ってしまうかもしれませんよね。

その人が犬嫌いなら大変な騒ぎになっていしまいます。

 

バーベキュー場の中では必ず誰かが愛犬のそばにいてあげるようにし、無理な場合は係留しておくようにしましょう。

ふく
ふく
ぺこは、犬も人も食べ物も大好きだから注意しないとね!
ぺこ
ぺこ
犬のことを嫌いな人もいるから気を付けます。 
うっき
うっき
そうだね。犬を好きになってもらうためにもマナーやモラルはしっかり守らないといけないね。

 

犬連れバーベキューに準備したい犬用グッズ

 

バーベキューに犬を連れて行く時、まずは以下のような普段から使用している散歩グッズを準備しましょう。

  1. 水が入ったペットボトル
  2. エチケット袋(うんち袋)
  3. 鑑札・迷子札
  4. ライト・反射板(夜用)
  5. タオル
  6. ウェットティッシュ

その他に、バーベキュー場であったら便利な犬用グッズを【8つ】紹介します。

 

【⇓犬の散歩の必需品はコチラ⇓】

犬の散歩の必需品を紹介!散歩バッグに入れておきたい持ち物【7選】犬の散歩の必需品を知りたいですか?本記事では、これから犬の散歩デビューをする飼い主さんに向けて、犬の散歩に必要になってくる散歩グッズを紹介しています。犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは必見です。...

 

①犬の係留グッズ

 

食事中など、愛犬のことを見ておけない時のために係留グッズを用意しておきましょう。

地面にアンカーを打ったりリードを繋ぎ留めておくことができるので、目を放していても安心できますね。

うっき
うっき
拾い食いの防止にもなるので係留グッズは必須ですね。

 

②マナーポーチ

 

携帯用にマナーポーチを用意しましょう。

マナーポーチは散歩バッグやベルトループにも装着できるので、バーベキュー場でウンチをした時にもすぐに処理ができるので便利です。

消臭機能も付いているので、エチケット袋でウンチを処理したらマナーポーチに入れておくことで臭いも気にならなくなります。

うっき
うっき
マナーポーチは普段の散歩の時も使用できるので、1つ持っておくと便利ですよ。

 

【⇓犬のマナーポーチの口コミ&レビューはコチラ⇓】

犬のマナーポーチはお洒落な【RADICAラディカ】がおすすめ!犬のマナーポーチなら、お洒落で可愛い犬ブランドRADICA(ラディカ)がおすすめです。本記事では、RADICA(ラディカ)のマナーポーチを使用した感想や口コミを紹介しています。...

 

③ドンパック

 

ドライブ中に〝ドンパック〟を付けている車を見かけたことありませんか?

ウンチを車外で保管することができるので、車内の臭いが気になる飼い主さんは1つ持っておくことをおすすめします。

うっき
うっき
大型犬や多頭飼いの飼い主さんは、大きいサイズがおススメです。

 

④ライフジャケット

 

川が近くにあって水遊びができるバーベキュー場あもあるので、犬が水遊びが好きな場合はライフジャケットを用意しておくといいでしょう。

飼い主と一緒に川遊びを楽しめますね。

うっき
うっき
愛犬と川遊びなんて、とてもいい思い出になりそうですね。

 

⑤ポータブルシャワー

 

バーベキュー場によっては水道が少ない場所もあるので、ポータブルシャワーがあると便利です。

バーベキュー場が混雑していて、水道を使用するのに並ぶことはしたくないですよね。

愛犬が汚れた時だけでなく水浴びをさせたいときなどにも使用できるので、ポータブルシャワーもおススメのアイテムです。

うっき
うっき
水道の蛇口に装着できるビニールホースだけを持参するのも手ですね。

 

⑥犬用ベッド

 

愛犬が遊び疲れてゆっくりできるスペースとして犬用ベッドを用意してあげましょう。

地面から高さがあるタイプの場合、直接熱や冷たさが伝わることがなく、身体が汚れることもありません。

 

また、害虫からも身を守ることができます。

工具なしでワンタッチで折りたたみ可能で、軽量なので持ち運びも楽チンです。

うっき
うっき
ラージサイズなら、大型犬だけでなく多頭飼いにもおススメです。

 

⑦虫除け

 

蚊・ノミ・ダニから愛犬を守る虫除けを準備しましょう。

コチラの虫除けスプレーは、天然ハーブを使用しているので犬が舐めても大丈夫です。

被毛にスプレーしたり犬用グッズにスプレーして、バーベキュー場でも犬が快適に過ごせるように虫除けしましょう。

 

⑧ランタン

 

夕方や夜までいる予定の場合は、犬の拾い食い防止や怪我を予防するためにもライトを持っていくようにしましょう。

コールマンのLEDランタンなら、明るさはもちろんのこと4つまで持ち運びができて便利です。

USBポートが付いているので、スマホの充電もできるのでおススメです。

 

マナーやモラルを守って愛犬とバーベキューを楽しもう

まとめ
  • ペット同伴可かどうか下調べしよう
  • 雰囲気に慣れさせてからノーリードにしよう
  • 伸縮リードは伸ばした時に注意しよう
  • 拾い食い・誤飲に注意しよう
  • 犬から目を離す時は係留しよう
  • 犬用グッズを上手に使おう

 

普段と違う景色や匂いは愛犬にとってもいい刺激になり、大好きな飼い主さんとお出掛けすることでリフレッシュすることができます。

愛犬と大自然を満喫しながら、マナーやモラルをしっかり守ってバーベキューを楽しみましょう。

 

【⇓バーベキューにいく車内で気を付けたいことはコチラ⇓】

https://liberog.net/dog-drive-caution/ 

ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。