はじめての犬

犬の皮膚からフケが出る原因と対策【3つ】カサカサ感想肌を撃退しよう

悩める主婦
悩める主婦
犬の毛にフケがいっぱい付いてるんだけど対処方法ってあるの?
悩む男性
悩む男性
犬の皮膚からフケが出るのってどうして?
うっき
うっき
このような疑問を解決していきます。

 

犬の被毛に白い粉が付いていて痒がっている仕草がある場合は、『フケ』がでている可能性が高いです。

犬も人間と同じように、乾燥しやすい季節には肌が痒くなったりカサカサしてしまう子がいて、その他にも肌トラブルを起こす原因はあります。

 

そこで本記事では、犬の被毛に付くフケに悩んでいる飼い主に向けて、原因や対処方法を紹介します。

そのまま放置しておくと重症化する場合があるので、軽度の症状のうちに肌トラブルを解消しましょう。

この記事がおススメな人
  • 犬のから出るフケに悩んでいる飼い主
  • 犬の皮膚がカサカサしているのに悩んでいる飼い主
  • 犬のフケが出なくなる方法を知りたい飼い主

 

うっき
うっき
我が家の愛犬は乾燥肌で毎年寒くなると皮膚がカサカサしてフケが出てしまいます。 
ぺこ
ぺこ
いっつも耳の後ろあたりが痒くなるの…
うっき
うっき
我が家が行っているフケ対策も含めて対処方法を紹介します。

 

犬の皮膚からフケが出る原因!カサカサするのはなぜ?

 

フケとは、新陳代謝によって剥がれ落ちた古い皮膚のことです。

新しい細胞が産まれて古い細胞が剥がれ落ちる、不要となった古い皮膚が『フケ』となって表面にでてくるのです。

人間と同様に健康な状態の犬であってもフケは出ますが、病気や乾燥など何らかの原因でフケの量が増えることがあります。

 

犬の皮膚からフケが出る原因は以下の通りです。

  1. 部屋の中が乾燥しているから
  2. シャンプーが合わない・やり方が悪い
  3. 乾燥肌や敏感肌
  4. ストレスを感じている
  5. 病気の可能性

 

①部屋の中が乾燥しているから

部屋の中が乾燥していると、人間より皮膚の薄い犬は乾燥肌になりやすいです。

我が家の愛犬がフケが出る時は、毎年乾燥しやすい冬の時期です。

電気カーペットやコタツなど、暖房器具は部屋の中を乾燥させやすいので取り扱いには注意が必要になってきます。

うっき
うっき
コタツに潜るのが原因なんじゃない?
ぺこ
ぺこ
カーペットもコタツも温かくて気持ちいいからねぇ♪やめられないよ!
ふく
ふく
冬はコタツでお昼寝だよね♪
うっき
うっき
猫みたいだな…

 

②シャンプーが合わない・やり方が悪い

もし、シャンプーの後にフケが出るのであれば、シャンプーが体質的に合っていないかシャンプーのやり方が悪い可能性があります。

抗菌シャンプーや脱脂力が強いシャンプーを使用しているのであれば、必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌が乾燥していたり肌にダメージを与えているかもしれません。

うっき
うっき
身体に優しい自然由来の成分が入ったシャンプーがおススメです。

 

また、シャンプーのやり方が悪いと、シャンプーの液が身体に残ったままになってしまうこともあります。

すすぎ残しは肌へダメージを与えてしまうので、正しいシャンプーのやり方で愛犬にも気持ちいい思いをさせてあげましょう。

ふく
ふく
どうせやるなら気持ちいいシャンプーがいいよね。
ぺこ
ぺこ
ふわふわで可愛くしてもらいたい♪

 

【⇓正しいシャンプーのやり方はコチラの記事で詳しく解説しています⇓】

犬のシャンプーの正しい手順を紹介!初心者も自宅でシャンプーしよう!犬のシャンプーの正しい手順を知りたいですか?本記事では犬初心者の飼い主に向けて、犬のシャンプーの手順とシャンプーに必要な道具を紹介します。自宅で愛犬のシャンプーをしたい飼い主さんは是非ご覧ください。...

 

③乾燥肌・敏感肌

乾燥しやすい季節にブラッシングをするとパラパラとフケが出てきたり、フケが出てきたところの皮膚を覗くと皮膚がカサカサしていることもあります。

この場合、愛犬がもとから乾燥肌である可能性が高いです。

愛犬が足を使ってしきりに掻く仕草を見せたら、皮膚の様子を観察してみましょう。

うっき
うっき
我が家の愛犬は毎年耳の裏側からフケがでます。犬用の保湿ローションを使用しているのであとで紹介します。

 

④ストレスを感じている

犬の中には、極度のストレスが原因でフケが出るという症状がみられたケースもあるようです。

以下のようなことがないか、自分の行動を振り返ってみましょう。

  • 生活環境は適しているか
  • 恐怖を与えていないか
  • コミュニケーションをとっているか
うっき
うっき
ストレスを解消しようと、身体を舐めまわして皮膚炎になることもあるそうです。

⑤病気の可能性

フケの大量発生にプラスして、痛みが出るほど痒がったり、脱毛や皮膚がただれているような症状がある場合は以下のような病気にかかっている可能性が大きいです。

  • 感染症皮膚炎(カビ・細菌・寄生虫など)
  • アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏症        etc.

症状が重症化している場合は、直ぐに動物病院を受診しましょう。

 

うっき
うっき
我が家の愛犬も痛みが出るほど痒がることがありました。その時は細菌性皮膚炎と診断されました。
ぺこ
ぺこ
痒すぎてずっと掻いてたら血が出ちゃった…
ふく
ふく
皮膚が赤くなったり変なニオイがする時は、お医者さんに診てもらった方がいいね。
うっき
うっき
僕にできるのは初期症状のフケの予防と対策だよね。次はフケの対処方法を紹介していきます。

 

犬の皮膚から出るフケ対策【3つ】

 

症状の軽度のフケは、以下の対策で解決できる場合があります。

重症化する前に初期段階で対処しましょう。

  1. 室内を加湿する
  2. シャンプーを変えてみる
  3. 保湿用ローションを使用する

 

①室内を加湿する

人間と同様に、犬にとっても冬場の暖房器具は肌を乾燥させる原因になります。

暖房器具をよく使用するリビングなどは、加湿に気を遣い乾燥しすぎないように注意しましょう。

部屋の湿度は『50~60%』を目安にするといいでしょう。

 

  • 加湿器を使用する
  • 洗濯物をリビングで干す
  • 濡らしたタオルを置く

このようぬ工夫して部屋の湿度を保ちましょう。

うっき
うっき
「寒そうだから」という理由で、暖房器具を付けたまま就寝しないようにするのも対策になりますね。

 

②シャンプーを変えてみる

シャンプー後に痒がったりフケが出るような場合は、シャンプーと一緒に身体に必要な皮脂まで除去してしまったり、シャンプー自体が犬の体質に合っていない場合もあります。

愛犬に合ったシャンプーを使用して、フケをしっかり洗い流してあげましょう。

 

  • 保湿力がある
  • 植物由来の天然成分
  • 低刺激で肌に優しい
  • 水切れ・泡切れが良い

このようなシャンプーが乾燥肌の犬におススメです。

シャンプーも正しい手順で洗い流し、すすぎ残しがないように気を付けましょう。

 

うっき
うっき
我が家では、植物由来の『A.P.D.Cティツリーシャンプー』を使用しています。
ふく
ふく
香りも爽やかで気持ちがいいよ♪
ぺこ
ぺこ
ペットショップで購入できるよ♪

 

【⇓A.P.D.Cティツリーシャンプーの特徴や口コミはコチラで詳しく紹介しています⇓】

犬用『A.P.D.C.ティーツリーシャンプー』の口コミとレビュー 犬のシャンプーをしていると「なんかニオイが合わないな」とか「あんまり泡立たない」などと悩みや不満がでてくるもので...

 

③化粧水・ローションを使用する

犬用化粧水や保湿ローションを使用して肌の乾燥を防ぎましょう。

カサカサした皮膚にピンポイントで塗布できるものや、ブラッシングの時に吹きかけて使用するスプレータイプのものもあります。

継続的に使用することでフケが出なくなり、愛犬の乾燥肌・敏感肌を解消してくれます。

犬用の保湿ローションは、皮膚トラブルを解消してくれると同時に、被毛にハリ・コシを出してくれたり毛艶が良くなったりメリットが多いのが特徴です。

うっき
うっき
我が家でも犬用の保湿ローションにお世話になってます。
ぺこ
ぺこ
すぐに痒みが無くなるよ♪
ふく
ふく
被毛もツヤツヤになるよ♪

 

【⇓乾燥肌の犬におススメしたい犬用の保湿ローションはコチラで詳しく紹介しています⇓】

犬の乾燥肌におすすめの保湿スプレー【3選】犬もスキンケアが必要!犬の乾燥肌に悩んでいませんか?本記事では、犬の乾燥肌におすすめの保湿スプレーを3つ紹介しています。愛犬の肌トラブルに悩んでいる飼い主さん必見です。...

 

まとめ:日々のケアで『フケ』を予防しよう

フケの対処方法
  • 暖房器具の使用・部屋の湿度に注意
  • 正しいシャンプー手順と愛犬に合ったシャンプーを使う
  • 犬用化粧水・ローションで乾燥肌を予防

犬の身体からでるフケが初期段階の場合、飼い主であるあなたのケアで防ぐことができます。

部屋の湿度や使用しているシャンプーを見直してみたり、日頃のスキンケアも行っていきましょう。

 

症状が軽いからとフケを放っておくと、足で掻いてできた傷口から菌が侵入し皮膚病となってしまうこともあります。

フケは皮膚トラブルへの入り口でもあるので、日頃からブラッシングなどで愛犬の身体に異変がないか確認していきましょう。

 

【⇓犬用のブラシの種類や特徴はコチラで詳しく紹介しています⇓】

犬用ブラシの選び方【6種類】効果や注意点からブラシを使い分けよう!犬用ブラシって種類が豊富で選び方がわからないですよね?本記事では、犬用ブラシの種類毎に効果や注意点を紹介しています。犬を飼いはじめたばかりの飼い主さんは必見です。...
ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。