はじめての犬

犬のロングリード【おすすめポイント】ロングリードを使用した感想!

悩む男性
悩む男性
公園で遊ぶようにロングリードを買おうか迷ってるんだけど、ロングリードのおすすめポイントを知りたいな。
うっき
うっき
実際にロングリードを使用して公園で遊んでいるので感想を紹介します。

 

我が家がロングリードを購入した理由は、良く行っていたドッグランが閉店してしまったからです。

「公園ではノーリードは禁止だし、庭じゃ狭いし、もっと思いきり走らせてあげたい…」と考えていた時に見つけたのが『ロングリード』です。

そこで本記事では、犬用のロングリード(10Mと20M)を実際に使用した感想や口コミを紹介しています。

 

この記事がおススメな人
  • 近所にドッグランがない飼い主
  • 近所に大きな公園や河川敷などがある飼い主
  • 愛犬を思いきり走らせたい飼い主
  • 愛犬とフリスビーやボール遊びをしたい飼い主
  • 愛犬のトレーニングをしたい飼い主

うっき
うっき
公園内で使用する時は周囲の迷惑にならないようにしましょう。

 

犬のロングリードのおすすめポイント『特徴』

 

今回僕が購入したロングリードがコチラです。

 

  1. 絡まりにくい・まとめやすい
  2. 伸縮性があって安心・安全
  3. 様々な用途で使用できる
  4. 登山用のカラビナ使用で耐久性がある
  5. 豊富なラインナップ

以上の特徴を詳しく紹介していきます。

 

①絡まりにくい・まとめやすい

ロングリードは帯状タイプのものが多く、すぐによじれて絡まったり、帰る時にまとめようと思っても上手くまとめることができないことがあります。

しかし、今回紹介するロングリードは丸ロープ型なので、絡みにくくてまとめやすいという特徴があります。

 

丸ロープタイプなら遊んでいる時もよじれにくいし、遊び終わった後の巻き取りも簡単で、帯状のロープのようにグチャグチャになることはありません。

グチャグチャにしたまま片付けると、次使う時に絡まっていたりしてロープをほどくのに時間がかかったりしますが、丸ロープタイプならそのような心配もありませんね。

うっき
うっき
1度絡まるとほどくのが面倒になって、だんだんと使用しなくなってしまいますよね。丸ロープなら絡まる心配がありません。

 

②伸縮性があって安心・安全

丸ロープには適度に伸縮性があるので、犬も飼い主も安心・安全に使用することができます。

よく走り回る犬はロープがピンと張った時に首へ負担がかかるし、飼い主は不意に引っ張られてしまうのでバランスを崩してしまうこともあります。

 

しかし、丸ロープタイプであれば、ピンとロープが張った時にも適度にクッションになるので、犬や飼い主へのダメージが格段に減ることになります。

うっき
うっき
犬も飼い主も怪我することなく思い切り遊ぶことができるロングリードです。

 

③様々な用途で使用できる

以下のように様々なシチュエーションで使用できます。

  • 公園で思いきり走り回る
  • フリスビーやボール遊び
  • 川や海などで水遊び
  • 呼び戻しなどのトレーニング

 

ただ走り回って遊ぶだけではなくて、フリスビーやボール遊びなど飼い主と一緒に楽しむこともできますし、水に浮く素材でできているので、川遊びや海遊びにもおススメです。

また、遊びだけではなくて呼び戻しなどのトレーニングにも使用できるので、飼い主や犬の用途や目的に合わせて使用することができます。

うっき
うっき
遊びにもトレーニングにも使えるのは嬉しいですね。

 

④登山用のカラビナを採用

登山用のカラビナを使用していて、耐荷重が120kgと丈夫にできているので、ロープがピンッと張った時の衝撃で破損することはありません。

また、ロックナットを締めれば、ナスカン外れを完全に防ぐことができます。

 

犬用リードなどによく使用されている鉄砲型ナスカンは、犬が激しく動いた時などに外れてしまう可能性があります。

ロングリードの場合、どうしても飼い主と犬との距離が遠くなるので、外れにくいカラビナは安心できますよね。

うっき
うっき
錆に強いステンレス製なので水に濡れても大丈夫なのも心強いです。

 

⑤豊富なラインナップ

豊富なラインナップで、カラーもサイズも4種類ずつあります。

カラー レッド・ブルー
オレンジ・イエロー
サイズ 10M・15M
20M・30M

 

サイズ毎の使用目安は以下の通りです。

サイズ 使用目安
10M
(約270g)
庭や狭い公園などのあまりスペースがない場所
15M
(約340g)
公園やドッグランなど人の迷惑にならない場所
20M
(約450g)
大きな公園や空き地などで自由に遊ばせたい
30M
(約690g)
20Mで物足りなくて、もっと広範囲で遊ばせたい

 

うっき
うっき
使用場所や使用目的でサイズを選びましょう。

 

ロングリードを実際に使用して感じた『デメリット』

 

実際に使用して感じたデメリットは以下の通りです。

【デメリット】

  1. リードが伸びた時に不安になる
  2. 雨上がりや朝露の水を吸って重たくなる
  3. 芝生で使用すると芝がくっつく

【おススメできない飼い主・犬】

  1. 心配性の飼い主
  2. 重たいものが気になる犬
  3. 汚れるのが嫌いな飼い主

 

①リードが伸びた時に不安になる

はじめは20Mのロングリードを使用した時ですが、リードが伸びきった時に少し不安になりました。

これは僕だけかもしれないのでそこまで気にしなくても大丈夫だと思うのですが、「もしカラビナが外れたらどうしよう」とか「他の人や犬に急に走って行ったらどうしよう」などと、心配になることもありました。

 

僕のように万が一のことを想像してしまう方は

  • しっかり制御できる長さのロープを選ぶ
  • 呼び戻しができるようになってからロープを長くする
  • 人が少ない場所で遊ぶ

このように工夫してみましょう。

うっき
うっき
ロープが伸びていくと犬をコントロールするのも難しくなるので気を付けましょう。

 

②水を吸って重たくなる

雨上がりや朝露が出ている時に使用すると、水分を吸って重たくなっていまいます。

当然、片付ける時に汚れてしまうし遊んでいる最中にも汚れてしまうので、ロープが水分を吸ったり汚れてしまうのが嫌な飼い主は、晴れている日や朝露が乾いた日中に遊ぶことをおススメします。

うっき
うっき
汚れても水で流すことができるので、汚れが気にならない方はガンガン遊びましょう!
ふく
ふく
ぼくたちは汚れてもへっちゃら♪

 

③芝生で使用するとロープに芝がくっつく

芝生で使用すると、どうしても芝がロープにくっついてしまいます。

片付けようとロープをまとめる時に手が汚れたり、払おうとしてもなかなか落とすことができません。

 

なので、くっついた芝で散歩バッグや車内が汚れないように、ビニール袋に入れて持ち運ぶことをおすすめします。

うっき
うっき
ロープをまとめる時に芝生が手に刺さることもあるので注意しましょう。
ぺこ
ぺこ
軍手とかがあると便利かも♪

 

ロングリードを実際に使用て感じた『メリット』

 

ロングリードを実際に使用して感じたメリットは以下の通りです。

【メリット】

  1. 長い距離を走り回れる
  2. 伸縮性があるので安全・安心
  3. 呼び戻しなどのトレーニングに使える
  4. 絡まらないでまとめられる
  5. 軽くて耐久性がある

【おススメしたい飼い主・犬】

  1. 近所にドッグランがない飼い主
  2. トレーニングをしたい飼い主
  3. 飼い主と外で思いきり遊びたい犬

 

①長い距離を走ることができる

散歩中はなかなか思い切り走ることができませんが、大きい公園などでロングリードを使用すれば普段より長い距離を走り回ることができます。

ただ自由に走らせるだけでなく、ボール遊びやフリスビーなどでも遊ぶことができます。

ロープを20M、30Mと伸ばしていけばその分長い距離を遊ぶことができますね。

ふく
ふく
公園で僕の大好きなボール遊びもできるよ♪

 

②伸縮性があるので安全・安心

ロープに伸縮性があるので、犬も飼い主も安全・安心です。

ロープが伸び切って『ピンッ』と張った時の犬への負担も軽減できるし、飼い主も引っ張られてバランスを崩すことも減るのでストレスなく愛犬と遊べます。

ふく
ふく
ぼくたちの負担が減るのは嬉しいね♪
ぺこ
ぺこ
ロープが張った時ビックリするもんね。

 

③呼び戻しなどのトレーニングにも使える

 

このように呼び戻しを続けていたら、ドッグランや公園などで離れた場所から呼ぶと駆け寄ってくるようにまでなりました。

ボールの取って来い遊びやリードウォークなどのトレーニングにも使用できます。

うっき
うっき
ロングリードは、遊びだけではなくてトレーニングにも使用できる犬用グッズです。

 

④まとめる時にロープが絡まらない

ロープを写真のようにまとめてから持って帰るのですが、遊び終わってまとめる時にロープがよじれにくいのでまとめやすいのが嬉しいです。

遊び終わってリードをまとめようとした時に、「少しよじれるかな?」と感じましたが、絡まらないで簡単にまとめることができました。

1度ロープのまとめ方を覚えてしまえば簡単だし、次にロープをほどく時も絡まることがないので苦になりません。

うっき
うっき
写真のようにロープをまとめれば簡単に持ち運ぶこともできるので便利です。

 

⑤軽くて耐久性がある

1番長い30Mのリードでも1㎏もないので軽いです。

ロープは高強度のポリエステル素材なので引きずってもキズができるわけでもないですし、縫い目や繋ぎ目も強化されているので安心して使用できます。

うっき
うっき
1年ほど使用していますが、ほつれたり縫い目から壊れることもなく耐久性はバッチリです。

 

ロングリード(丸ロープ)の口コミ

 

ロングリード(丸ロープ)を購入した人の口コミを見てみましょう。

基本的には良い口コミが多かったです。

 

ロングリード(丸ロープ)の悪い口コミ

絡まないけど、曲がるというかねじれるというか表現が難しいですが、使用した後に、まっすぐになりません。
使用する時、まとめる時に、ねじれる癖がつかないようにしないと、使いづらいです。

 

思っていたよりロープが太いです。
ロープがかなり場所も取りますので、お散歩のときついでに走らせるのには不向きです。持ち運びは向かないです。車等で移動した折とか。外に飛び出す心配がある自宅庭とかでの使用向きです。うちの子の場合は、太くて邪魔になりそうです。
大型犬の子向きとおもいました。

 

ナスカンに直接リードがついてる状態なので絡まらないけどリード自体が捻れてよれてきますね。
ウチではスイベルを(クルクル回るやつ)使って捻れないようにしています。
あと雨上がりなど水を吸うから重たい…
値段相応かな?

 

僕が使用した時は〝よじれ〟は感じませんでしたが、悪い口コミの中には『よじれる』という人もいました。

よじれるので、カラビナをスイベル式(クルクル回るもの)に交換して使用している人も…

他には『小型犬だと重たそう』とか『収納袋があるといいかも』という口コミもありました。

うっき
うっき
縦横無尽に走り回る犬だと、よじれてしまうのかもしれませんね。 
ぺこ
ぺこ
汚れが気になるから収納袋が欲しい人も多いね。
ふく
ふく
ぼく小さいけどロングリードを付けていっぱい走れるよ♪

 

ロングリード(丸ロープ)の良い口コミ

とても丈夫で軽くて伸縮もしてくれて、愛犬につけてあげると楽しそうに走り回っています。
また、ナスカンも外れないような造りになっているので、激しく動き回っても安心です。

 

伸縮性があって、たしかに犬の負担が少ないように感じた!しっかりしてる。

 

太さがあるのに軽くて満足です。
シェパードの運動時に使っています。
劣化したらまたリピしたいと思います。

 

やはり、愛犬が元気に走り回る姿を見られることが嬉しいようですね。

軽くて丈夫で伸縮性があるし、カラビナも外れにくい構造になっているので安心・安全という口コミが多かったです。

うっき
うっき
大型犬が思いきり走り回っても大丈夫なようです。

良い口コミの中にも、僕のように『20Mは結構長いですよ』とか『芝生がくっつくので気になる人は気になるかも…』という口コミもありましたが、『買ってよかった!』という口コミが多い印象でした。

 

 

まとめ:ロングリードは丸ロープがおすすめ

ロングリード(丸ロープ)の特徴
  • 絡まりにくくてまとめやすい
  • 伸縮性があって犬も飼い主も安心・安全
  • 様々な用途で使用できる
  • 登山用のカラビナで耐久性がある
  • ラインナップが豊富

 

いくらリードを付けているといっても、犬をコントロールできなければ周囲の人や犬に迷惑をかけることとなってしまいます。

なので、ロングリードが伸び切っても周りに影響のない場所を選んで思い切り遊びましょう。

ロングリードは自由に走り回れておススメな商品ですが、あくまでもルールやマナーを守って使用するようにしましょう。

 

【⇓ロングリードで遊ぶときも散歩の必需品を持っていきましょう⇓】

犬の散歩の必需品を紹介!散歩バッグに入れておきたい持ち物【7選】犬の散歩の必需品を知りたいですか?本記事では、これから犬の散歩デビューをする飼い主さんに向けて、犬の散歩に必要になってくる散歩グッズを紹介しています。犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは必見です。...
ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。