はじめての犬

『赤ちゃんを連れた犬の散歩』ベビーカーや抱っこ紐で行く時の注意点

悩める主婦
悩める主婦
もうすぐ赤ちゃんが産まれるんだけど、赤ちゃんを連れて犬の散歩に行く時、ベビーカーとか抱っこ紐をして散歩に行っても大丈夫かな?
うっき
うっき
このような悩みを解決していきます!

赤ちゃんと犬と一緒に暮らしている家では、「赤ちゃんを連れてどうやって犬の散歩に行こうかな?」悩んでしまいますよね。

旦那さんが朝早くから夜遅くまで仕事の場合だと、なかなか犬の散歩に行きづらいものですよね。

今までたくさん愛情を注いできた愛犬に「赤ちゃんが産まれるから散歩に行けない…。」なんて言えないし、かといって、赤ちゃんが寝てる間にサッと散歩に行くわけにもいきません。

なので、赤ちゃんを連れながら犬の散歩に行く時には、ベビーカーや抱っこ紐を使用して散歩に行くしかありません。

そこで本記事では、ベビーカーや抱っこ紐を装着して散歩に行く時の注意点をメリット・デメリットというかたちで紹介します。

この記事がおススメな人
  • 赤ちゃんを連れて犬の散歩に行かなければいけない飼い主
  • ベビーカーや抱っこ紐を使用して散歩に行く時の注意点を知りたい飼い主

 

ベビーカーを押して犬の散歩をする時のメリット・デメリット

ベビーカーなら抱っこするより飼い主への負担は減りますが、愛犬の力が強い場合は引っ張られたりして危険も多そうですよね。

ベビーカーを押して犬の散歩に行く時のメリットとデメリットを紹介します。

 

ベビーカーで散歩する時のメリット

  • 赤ちゃんを抱っこしなくていいので負担を軽減できる
  • 自由に動けるので排泄の処理がしやすい
  • 散歩バッグなどをベビーカーのフックにかけられる

30分~1時間ほど歩く犬の散歩です。

ベビーカーなら抱っこ紐より飼い主への負担を軽減できるし、散歩バッグなどの荷物もカゴに入れたりフックなどに掛けておけるので楽ですよね。

また、排泄を処理する時にしゃがんだり自由に動けるし、遮るものがないので足元を確認しやすいのもメリットですね。

うっき
うっき
負担が減れば「もうちょっと長く散歩に行こう」という気にもなりますね。
ふく
ふく
赤ちゃんの顔を見ながら散歩もできるし、体調の変化も確認しやすいよね。
ぺこ
ぺこ
ベビーカーの性能も良くなってるから安心できるね。

 

ベビーカーで散歩する時のデメリット

  • 車や自転車をよける時にリードを引っ張るのが大変
  • 排泄の処理をしている時にベビーカーを気にしなくてはいけない
  • 犬がいうことを聞かないとバランスを崩しやすい

愛犬が散歩中にグイグイとリードを引っ張ってしまう場合は、ベビーカーでの散歩は危険です。

車や自転車が横を通り過ぎようとしている時に愛犬に引っ張られてしまったら、バランスを崩してベビーカーが動いたり、リードを放してしまって大事故に繋がることも考えられます。

うっき
うっき
片手でベビーカーを押して、もう片方の手でリードを持っていたらバランスを崩しやすいですよね。
ふく
ふく
ベビーカーに付いているフックにリードを装着して、両手でベビーカーを押せるようにしたいね。

また、排泄を処理する時は、どうしてもベビーカーから目を離さなくてはいけなくなります。

なので、ブレーキをしっかり掛けてベビーカーが動かないことを確認してから排泄を処理するようにした方がいいでしょう。

ぺこ
ぺこ
手を放すと勝手にブレーキが掛かる仕組みのベビーカーもあるみたいだからとても便利だよね。
うっき
うっき
性能の良いベビーカーを選べば安心できますね。

 

犬の散歩におすすめのベビーカー

ベビーカーを押して犬の散歩に行く時は、以下のような性能があるベビーカーを選ぶといいでしょう。

  1. ブレーキが付いている
  2. 操作性がスムーズ
  3. 紫外線をカットできる
  4. 地面の熱を防げる
  5. 通気性が良い

操作性がスムーズならいろんな危険やトラブルを回避しやすいですし、ベビーカーのハンドルから手を離すと自動的に車輪がロックされるものもあるので、排泄を処理する時に手を放しても安心できます。

また、紫外線をカットしたり通気性が良ければ赤ちゃんへの負担も軽減できますよね。

真夏の炎天下の中散歩には行かないと思いますが、ハイシートのベビーカーならアスファルトの照り返しや輻射熱もそんなに気にする必要もないので安心できますね。

うっき
うっき
ベビーカーを押して犬の散歩に行く時は、危険を回避できて赤ちゃんへの負担の少ないものを選びたいですね。

 

抱っこ紐で犬の散歩をする時のメリット・デメリット

抱っこ紐を装着しての犬の散歩は、飼い主への負担は大きくなるので大変ですが、リードをしっかり持つことができるので様々なシチュエーションに対処しやすいですよね。

抱っこ紐を装着して犬の散歩に行く時のメリットとデメリットを紹介します。

 

抱っこ紐で散歩する時のメリット

  • 両手がフリーになるのでリードやバッグを持ちやすい
  • 車や自転車が来ても対応しやすい
  • 赤ちゃんが密着するので安心感がある

抱っこ紐を装着すると両手がフリーになるので、様々なシチュエーションに対応しやすいのがメリットです。

リードや散歩バッグを持ちやすくなるし、車や自転車をよける時も「こっちだよ!止まって!」などと、リードをコントロールするのが簡単になるので、危険を回避しやすくなります。

また、赤ちゃんがお腹や背中にピッタリと密着しているので、赤ちゃんから目を放しても安心感がありますよね。

ふく
ふく
力が強いワンちゃんでも両手で引っ張ることができるね♪ 
ぺこ
ぺこ
赤ちゃんもワンちゃんも危険を回避しやすくなるのは安心できるね♪

 

抱っこ紐で散歩する時のデメリット

  • 抱っこをしていると足元を確認しづらい
  • 不意に引っ張られるとバランスを崩しやすい
  • しゃがみにくいので排泄の処理が難しい

当然ですが、抱っこ紐を付けると足元を確認しづらくなります。

犬が抱っこしている赤ちゃんの死角に入ったりするとバランスを崩してしまうこともあるので、犬は飼い主の横を歩かせるようにトレーニングした方が安全ですね。

また、不意に引っ張られた時や排泄の処理でしゃがむ時にバランスを崩しやすいので注意しましょう。

抱っこ紐の装着の仕方によっては前かがみになると赤ちゃんを落としてしまう可能性もあるので、排泄を処理する時は赤ちゃんの頭を押さえながらとか前かがみにならないように姿勢に気を付けた方がいいですね。

うっき
うっき
インチを処理する時は、犬が暴れないように「マテ!」と声を掛けることも大切になってきます。
ふく
ふく
どのような危険があるか常を考えながら行動することが大事だね。
ぺこ
ぺこ
犬が引っ張らないようにトレーニングしておくことも大切だよね。

 

犬の散歩におすすめの抱っこ紐

  1. 新生児でも使用できる
  2. 通気性が良い
  3. 成長に合わせて形を変えられる

現在では、首がすわる前の新生児でも使用できる抱っこ紐やスリングがたくさん販売されています。

しかし、抱っこ紐は身体にピッタリと密着してしまうので、あせもなどができないように通気性の良い抱っこ紐を選びたいところですね。

成長に合わせて仕様を変えられる抱っこ紐なら、前向き抱っこもできるので、赤ちゃんも景色を楽しむことができるのでおすすめです。

うっき
うっき
新生児でも愛犬の散歩は行かなくてはいけないので、首のすわっていない新生児も使用できる抱っこ紐がいいですね。

 

まとめ:ベビーカーも抱っこ紐も注意すべきポイントがある

赤ちゃんを連れて犬の散歩に行く時の注意点

【ベビーカーを押して犬の散歩に行く時の注意点】

  • 車や自転車を避けにくくなる
  • 排泄を処理する時はベビーカーから目を離さなければならない
  • 犬に引っ張られた時にバランスを崩しやすい

【抱っこ紐を装着して犬の散歩に行く時の注意点】

  • 足元を確認しづらくなる
  • 犬に引っ張られた時にバランスを崩しやすい
  • 排泄の処理がしにくい(しゃがみにくい)

ベビーカーや抱っこ紐を利用しての犬の散歩はどちらも危険な点があるので、飼い主さんがいち早く危険を察知して対応するしかありません。

僕が狭い道を散歩していて車とすれ違う時は、以下のように対応しています。

前方や後方から車が来るのを見つける

『マテ!』と犬を止まらせる

『ツイテ!』と横にお座りさせる

車が通り過ぎたら『いい子♪』と言って褒める

うっき
うっき
『ありがとう』とお辞儀をしてくれたり手をあげてくれる運転手もいるので、車の運転手からしたらすれ違う時は止まっていてもらった方が安心ということになりますよね。

普段の犬の散歩でも車とすれ違う時は止まっていた方が安心・安全なので、抱っこ紐やベビーカーで散歩する時も、同じように危険に対処して散歩することが大切になってきますよね。

赤ちゃんを連れての犬の散歩は、赤ちゃんと愛犬の両方の命を守らなけらばいけません。

大変ですが、今回のメリット・デメリットを参考にして、マナーをしっかり守って赤ちゃんと一緒に犬の散歩を楽しみましょう。

【⇓赤ちゃんを連れて犬の散歩に行く時も『散歩の必需品』を忘れずにマナーを守って散歩しましょう⇓】

犬の散歩の必需品を紹介!散歩バッグに入れておきたい持ち物【7選】犬の散歩の必需品を知りたいですか?本記事では、これから犬の散歩デビューをする飼い主さんに向けて、犬の散歩に必要になってくる散歩グッズを紹介しています。犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは必見です。...
ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。