はじめての犬

保護犬のしつけは大変?気長にゆっくりトレーニングしてあげよう!

悩む男性
悩む男性
保護犬を迎え入れたいけど、しつけやトレーニングに時間がかかりそう…。
悩める主婦
悩める主婦
保護犬のしつけって大変なのかな?
うっき
うっき
このような疑問を解決していきます。

 

保護犬を家族に迎え入れたいと考えている場合、『しつけやトレーニングに時間がかかるのか』ということに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

本記事では、我が家が保護犬を譲渡してもらった経験を元に、保護犬のしつけやトレーニングについて紹介しています。

保護犬を家族に迎え入れようか検討中の方は、是非参考にして下さい。

この記事がおススメな人
  • 保護犬のしつけやトレーニングについて知りたい人
  • 保護犬を譲渡してもらおうか検討中の人

 

保護犬のしつけやトレーニングは大変?

 

保護犬のしつけやトレーニングが大変だったかどうか、結論から言うと〝少し大変〟でした。

特に我が家の愛犬の場合は、『トイレトレーニング』に時間が掛かかりました。

 

保護犬カフェで譲渡してもらう時に「この子はトイレを覚えるのに時間が掛かるかもしれません。」と言われていたので、

大変だったというよりは『まぁしょうがないか…。』という気持ちでいたのですが、

粗相しまくりでソファを1台ダメにしたのは正直少しショックでしたね。

 

その反面、オスワリやマテなどのシグナルや芸は結構すぐに覚えてくれました。

ぺこ
ぺこ
 ソファの1台くらいでくよくよしないの!
うっき
うっき
高かったんだからね!

 

【⇓我が家の愛犬を譲渡してもらった『保護犬カフェ』についてはコチラで詳しく紹介しています⇓】

『保護犬カフェ』は犬と触れ合える場所?システムや特徴を紹介!保護犬カフェって知っていますか?本記事では、保護犬と触れ合える場所『保護犬カフェ』のシステムや特徴を紹介しています。保護犬に興味がある方、犬と触れ合いたい方は必見です。...

 

保護犬のしつけがちょっぴり大変な理由

保護犬のしつけやトレーニングは少し大変です。(性格などで個体差があるのでご了承ください)

我が家の愛犬が『トイレを覚えるのに時間が掛かる』と言われたのには理由があります。

 

保護犬カフェが閉店後、犬たちはクレートの中で寝るそうなのですが、我が家の愛犬は朝になると自分の排泄で体中が汚れていることが多かったようなのです。

トイレトレーニングをせずに保護されたということもあるし、保護される前もトイレ以外のいろんな場所で排泄していたのだと思われます。

我が家の愛犬のように、保護される前の環境によっては『どこにおしっこしてもいいんだ♪』と勘違いして覚えてしまっている子がいるのも事実です。

ぺこ
ぺこ
汚れても全然気にならなかったけどね♪ 
ふく
ふく
ぼくには考えられない…。
うっき
うっき
ふくは結構すぐにトイレ覚えたし、潔癖だもんね。(笑)

 

また、保護される前に『どんな環境で暮らしてきたか・どんな経験をしてきたか』などがわからないと、しつけやトレーニングは難しくなります。

過去に虐待を受けたり、辛い経験をして何かしらトラウマがある子は

  • 子供が嫌いだ
  • 男の人が嫌いだ
  • 足を触られるのが嫌だ
  • 抱っこされるのが嫌だ
  • 大きい音が怖い

など、トレーニングのつもりでも恐怖心を保護犬に与えている可能性があります。

結果的に保護犬を追い詰めるかたちとなってしまい、『また嫌なことをされるかも!』と、吠えたり怖がったりパニックを起こしてしまうこともあります。

 

保護犬がそのような反応をすると、「どう接していいかわからない」とか「もう手に負えない」と考える飼い主もいるようで、また施設に逆戻りなんてことも実際にあるのです。

保護犬の過去の体験を知らないということで対策ができないので、『しつけやトレーニングが大変』と感じてしまうワケですね。

ぺこ
ぺこ
保護される⇒新しい家族が見つかる⇒施設に戻るとか、辛すぎるよね…。  
ふく
ふく
自分勝手な人間は信用できなくなっちゃうね。  

 

どのような過去があってトラウマがあるかわからなくても、保護施設のスタッフが根気よく保護犬と向き合ってくれるので、保護犬たちも『もう一度人間を信用してみよう!』と前向きに考えてくれるのです。

保護施設のスタッフの優しいサポートがあるからこそ、保護犬の譲渡に繋がっていくのです。

保護犬を譲渡してもらう時は、その子の性格や特徴、普段のトイレについてしっかり聞いておくようにしましょう。

うっき
うっき
保護犬カフェのスタッフが排泄の状況を教えてくれたので、覚悟を持って根気よく気長にトレーニングができました。
ふく
ふく
新しいソファになって寝心地がよくなったからラッキーだったよ♪77
ぺこ
ぺこ
あたちに感謝してよね?(笑)

 

保護犬は社会性が身についている

保護犬は社会性が身に付いている子が多いです。

その理由は、譲渡会でたくさんの人に触れ合ってもらったり、普段からたくさんの保護犬と一緒に暮らしているからです。

 

保護犬に対して、ビビりで慣れないようなイメージを持っている人が多いですが、人に怯えているのは保護したばかりの頃だけです。

保護団体のスタッフがしっかりケアしてくれるので、徐々に人に対して心を開いてくれます。

うっき
うっき
 譲渡に出すときは、人に慣れてからなので安心して下さい。
ふく
ふく
保護犬の中には過去のつらい経験から、なかなか心を開いてくれない子もいるみたいだよ。
ぺこ
ぺこ
 1年間新しい家族が見つからない子もいたよ。

 

保護犬はペットショップで売られている子よりも人慣れしていたり、しつけがある程度済んでいるケースも多いです。

ペットショップで販売されている子は、生後間もなく親や兄弟と引き離されてしまいます。

本来親や兄弟と暮らして社会性を身に付けていく時期にショーケースでひとりぼっちになるわけなので、噛み癖や怒りグセが付いたり、成犬になっても問題行動を起こす子に成長してしまう可能性があります。

その反面、保護犬は施設にいる間に犬との関わり方を学んでいくので、人慣れしていたり性格も穏やかだったりする子が多かったりします。

 

保護犬のしつけ・トレーニングは気長にやろう

 

保護犬のしつけやトレーニングは気長にやっていきましょう。

人慣れしていたりある程度しつけができていても、保護される前の環境やトラウマから、新しいことを覚えるのに時間が掛かることがあります。

なので、譲渡してもらう前から『トレーニングには時間が掛かる』と考えて保護犬を迎え入れましょう。

 

時間が掛かって当たり前だと考えよう

先ほども伝えましたが、我が家の愛犬はトイレトレーニングに時間が掛かりました。

先住犬が1ヶ月でトイレを覚えたのに対して、半年くらいは粗相をしていました。

過去の環境からか『やわらかい場所でおしっこすればいいんだよね?』という感じで、クッションやソファでばかりおしっこしてました。

うっき
うっき
譲渡してもらう時にしっかり説明を受けて『時間が掛かるのはしょうがないな』と思っていたので、そこまで苦痛には感じませんでした。

 

半年間も粗相をされたら嫌になる人もいるかもしれませんが、気長にコツコツとスローペースでトレーニングしていきましょう。

『時間が掛かるのが当たり前』と思っていれば、そこまで精神的に苦痛を感じることはありません。

時間が掛かっても諦めずにトレーニングすることで、犬との絆も深まっていくことでしょう。

うっき
うっき
2階で寝ていても1階のトイレまで降りて排泄するようにまで成長してくれました。  
ぺこ
ぺこ
2階にもトイレあるんだけどね、1階のトイレがお気に入り♪ 

 

環境に慣れてから性格や特徴を理解してトレーニングしよう

飼い主は新しい家族ができて嬉しいですが、保護犬は新しい家族や初めてみる環境に不安がいっぱいです。

慣れるのには時間が掛かります。

環境の変化から緊張したり、ストレスを感じることが多くあります。

すぐに色々とトレーニングしたい気持ちもわかりますが、家族に迎えたらすぐにトレーニングするのではなく、まずは新しい環境に慣れさせてあげましょう。

うっき
うっき
家族に心を開いていない状態でトレーニングを行ってもうまくいきません。
ふく
ふく
知らないものだらけで不安になるもんね。 

 

過去のトラウマで、触られることや見つめられることに恐怖を感じてしまう子もいます。

その為長い時間一緒にいてあげたり、少しづつ話しかたり触ってあげたり、新しい家族とたくさんコミュニケーションをとる必要があります。

あなたのことを信頼できる人だとわかったら、トレーニングも上手にやっていけるはずです。

 

臆病だったり神経質な子もいれば、反対にヤンチャをしてしまう子もいます。

  • 『今日のトレーニングはこのくらいにしておこう』
  • 『メリハリつけて接しないとダメかな』
  • 『あんまり興奮させないようにしよう』

など、その子の性格や特徴を理解してあげて、トレーニングしたりコミュニケーションをとっていくといいでしょう。

 

まとめ:保護犬のトレーニングは時間がかかると考えよう

保護犬のトレーニングは長い目で見よう
  • 時間が掛かると思ってトレーニングする
  • 性格や特徴を理解してあげる
  • ある程度の犠牲は覚悟する(家具など…)

 

保護犬を家族に迎え入れる時は、最後まで添い遂げるという覚悟と責任を持ちましょう。

『ソファの1台くらいどうってことない!』という大きな気持ちで、しつけやトレーニングを行いましょう。

買って1年のソファだったので正直ショックだった…

 

トレーニングに時間が掛かった分、成功した時の喜びは大きいです。

一緒にトレーニングを頑張ることによって、より一層愛おしくなるし、絆も深まっていくことでしょう。

ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。