はじめてのサッカー

サッカー用のすね当てジュニアにおススメの【6メーカー】を紹介

悩める主婦
悩める主婦
子供がサッカーをはじめるんだけど、ジュニア用でおすすめのすね当てを知りたいな。
うっき
うっき
このような疑問を解決していきます。

 

サッカーをする際に〝すね〟を守るために必要なのが『すね当て(シンガードやレガースとも呼ぶ)ですよね。

サッカーの試合では、すね当てを必ず装着するのがルールとなっていますが、サッカー初心者の方はすね当てを選ぶのに悩んでしまいますよね。

そこで本記事では、すね当てのおススメブランドと種類や選び方まで紹介していきます。

 

この記事がおススメな人
  • サッカー初心者ですね当てを探している人
  • 子供がサッカーをはじめる親御さん
  • すね当ての種類や選び方を知りたい人
  • すね当てのおススメブランドを知りたい人

 

すね当ての種類と選び方

 

サッカーのすね当てには以下のような種類があります。

  1. ハードタイプ
  2. ソフトタイプ
  3. ゴールキーパー用

その他、すね当てのサイズや選び方を紹介します。

 

①ハードタイプ

引用:サッカーショップ【SWS】

 

ハードタイプのすね当ての特徴は以下の通り

素材 プラスチック・合成樹脂など
耐久性 裏面にはスポンジがあり耐久性に優れている
形状 ほとんど曲がらない

 

ハードタイプのすね当ては、硬いプラスチックや合成樹脂などの素材を使用し、裏面のスポンジで衝撃を吸収してくれるので耐久性に優れているのが特徴です。

選手同士の激しい接触プレーや転倒などから怪我を防いでくれます。

 

その反面、プレー中に硬いのが気になってしまうというプレーヤーもいます。

うっき
うっき
お子さんに怪我なく安全にサッカーをやらせたい場合は、ハードタイプがおススメです。

 

②ソフトタイプ

引用:サッカーショップ【SWS】

 

ソフトタイプの特徴は以下の通り

素材 ポリエステル・スポンジ製ゴムなど
耐久性 ハードタイプには劣る・軽量
形状 手で曲げられる

 

ソフトタイプは、ポリエステルやスポンジ製ゴムなどの素材を使用していて、手で簡単に曲げられるほど柔らかいのが特徴です。

やわらかいので、すねの形に添って曲がりやすくフィット感は抜群です。

 

また、ハードタイプよりも軽量なのでプレー中もあまり気にならないのもメリットです。

うっき
うっき
俊敏な動きがストロングポイントの選手の場合は、ソフトタイプがいいかもせいません。

 

③ゴールキーパー用

引用:サッカーショップ【SWS】

 

GK専用(ゴールキーパー)のすね当ての特徴は以下の通り

素材 ハードタイプと同様に硬い
耐久性 緩衝材が厚く耐久性に優れている
形状 アンクルガードが付いている

 

GK専用のすね当ては、『すね当て+アンクルガード』というように、一緒になっているタイプが多いです。

ハードタイプのすね当て同様に耐久性も強く、セービングの時にズレないようにバンドが付いているのも特徴です。

 

GKは、セットプレー・1対1の場面・セービングの時などに接触プレーが多いポジションです。

GKを長く続けていく場合は、GK専用のすね当てを購入してもいいでしょう。

うっき
うっき
サッカー初心者はどこのポジションでプレーするかわからないので、基本的にハードタイプ・ソフトタイプどちらを選んでもOKです。

 

すね当ての選び方・付け方・管理方法

 

ここでは、すね当ての選び方・付け方・管理方法を紹介します。

 

すね当ての選び方

すね当ては、大きすぎると足首などに当たってプレーの邪魔になってしまうし、小さいとすね全体を守れなくなってしまうのでサイズ選びが意外と重要になってきます。

すね当てを選ぶ基準としては、以下を大体の目安に計算して下さい。

サッカーシューズの上端から膝下までの長さ-4cm

 

また、メーカーによってサイズ表記やサイズが違うので注意が必要です。

  • SX・S・M・L
  • 小・大
  • ジュニア・大人
  • フリー(縦〇㎝、横〇㎝)

このように表記が様々なので、実際のサイズ〝縦〇㎝、横〇㎝〟というのを参考にして選ぶようにしましょう。

うっき
うっき
ハードタイプの場合は曲がりにくいので、すねへのフィット感も大切になってきます。

 

すね当ての付け方

先にも述べましたが、すね当ての装着方法は履いているサッカーソックスの中に差し込むだけです。

注意点としては、すね当ては左右で形が違うものがほとんどなので、左右を間違えないで装着することです。

ほとんどのすね当てには左右が記載されているので、よく確認して装着しましょう。

うっき
うっき
装着方法も簡単なのでお母さんは何も心配することはありませんね。

 

すね当ての管理方法

すね当ては定期的に洗って清潔を保ちましょう。

基本は、ハードタイプもソフトタイプも手洗いで汚れを落としてしっかり乾燥させましょう。

 

ソフトタイプのすね当てなら、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うことも可能です。

臭い対策に穴がたくさん空いているものを選んだり、手洗いが面倒ならソフトタイプのすね当てを選ぶのもありですね。

うっき
うっき
すね当ては、友達同士で臭いを嗅がせ合うくらい臭くなります。定期的にお子さんに洗わせることをおすすめします。

 

すね当てがズレる時の対処方法

 

よくソックスがずり下がってプレー中に引っ張って直している子を見かけませんか?

それではプレーに集中できないし、すね当ても一緒に下がっているので怪我をするリスクが大きくなります。

 

そのような時には以下のようなアイテムを使用することで、すね当てのズレを防止することができます。

  1. シンガードストッパー
  2. スリーブ
  3. テーピング

 

①シンガードストッパーを使用する

 

すね当てに通したり、足首に装着することでソックスやすね当てのズレを防止します。

バンド付きのすね当ても販売しています。

 

スリーブを着用する

 

ソックスの中にスリーブを履いて、その中にすね当てを入れることでズレ落ちるのを防いでくれます。

スリーブ付きのすね当ても販売しています。

 

テーピングで固定する

 

テーピングを足首に巻いて、ソックスやすね当てのズレ落ちを防止します。

小学生ではほとんど巻いている子を見たことがないので、「こういう方法もあるんだ」と参考程度にご覧ください。

 

サッカー少年(ジュニア)におススメのすね当て【6メーカー】

 

小学生でも着用できるすね当て『おすすめ6ブランド』を紹介します。

  1. NIKE(ナイキ)
  2. adidas(アディダス)
  3. PUMA(プーマ)
  4. molten(モルテン)
  5. SVOLME(スボルメ)
  6. uhlsport(ウールシュポルト)

 

①NIKE(ナイキ)

 

ナイキのすね当ては、軽量でスタイリッシュな格好いいデザインのものが多いです。

クリスティアーノ・ロナウドやネイマールなどのモデルも販売されていてとても格好いいです。

 

ハードタイプのすね当てがメインで、ズレを防止する軽量のスリーブが付属しているものも販売されています。

うっき
うっき
これを着けてサッカーをするだけでテンションが上がりますね♪

 

②adidas(アディダス)

 

アディダスのすね当てはハードタイプ・ソフトタイプの両方を販売しています。

ズレ防止のゴムバンドが付属しているものやアンクルガードが付属しているものも販売しています。

 

お洒落で格好いいデザインからシンプルなデザインまで様々な種類のすね当てがあるので、はじめに見ておくべき定番のメーカーですね。

うっき
うっき
僕もサッカーをはじめた小学3年生の時は、ゴムバンド付きのすね当てを使用していました。

 

③PUMA(プーマ)

 

プーマのすね当てもハードタイプ・ソフトタイプの両方が販売されています。

ゴムバンド付きからスリーブが付属されているものあるので、子供から大人まで使用できますね。

うっき
うっき
シンプルなデザインが多いのも特徴です。

 

④molten(モルテン)

 

スポーツボールの製造・販売で有名なモルテンですが、すね当ても販売されています。

デザインはシンプルですが、性能にこだわったすね当てを製作しているようです。

 

ここで紹介しているすね当ては、『すねの形に添って曲がる』という機能があります。

うっき
うっき
お手入れも簡単で乾きやすいのもいいですね。

 

⑤SVOLME(スボルメ)

 

スボルメは日本発祥のフットサルブランドで、お洒落で可愛いデザインが人気です。

ハードタイプとソフトタイプの両方を販売していて、すね当てはシンプルながらスボルメらしい可愛いカラーとデザインになっています。

うっき
うっき
女の子にもおススメの可愛いデザインです。

 

⑥uhlsport(ウールシュポルト)

 

ウールシュポルトは、GK用品のプロフェッショナルブランドとして絶対的地位を確立しています。

足首の部分を保護するアンクルガード一体型のすね当ても販売されています。

 

すね当ての上部にはゴムバンドも付いているので、セービング時のズレを防止することができます。

うっき
うっき
セービングや接触プレーの多いGKにおススメですね。

 

まとめ:ジュニア用のすね当てはサイズやフィット感重視で選びましょう

すね当ての選び方
  • 足首から膝下の長さ-4㎝くらいのサイズを選ぶ
  • サイズ表記(縦〇㎝、横〇㎝)をしっかり確認して選ぶ
  • ハードタイプorソフトタイプの特徴から選ぶ
  • 各メーカーのデザインや特徴から選ぶ

 

小学生のすね当ては、怪我を防止するためにもサイズやフィット感重視で選ぶといいでしょう。

個人的には、基本はハードタイプを選んだ方が怪我の予防にもなるのでおススメです。

 

また、低学年には大きいサイズのブランドもあるので、実寸を確認してから購入して下さい。

これからサッカーをはじめるお子さんのためにも、本記事を是非参考にしてみて下さい。

 

【⇓すね当てと一緒に『アンクルガード』を着用することで怪我のリスクを軽減できます⇓】

サッカー用アンクルガードの効果は?メリット・デメリットを紹介サッカー用のアンクルガードの効果を知りたいですか?本記事では、アンクルガードを装着してプレーする際のメリットやデメリットを紹介します。アンクルガードが気になっている方は是非ご覧ください。...
ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。