掃除

トイレの臭いが取れない!掃除しても臭い時のチェックポイント7つ

「トイレ掃除をしたのにニオイが取れない…」と悩んでいませんか?

もしかしたら目に見えない場所に汚れや菌が付着している可能性がありますよ。

そこで本記事では、

  • トイレ掃除を定期的に行っているのにニオイが取れない!
  • トイレの隅々まで徹底的に掃除をしたい!

と考えている方へ向けて、毎日トイレ掃除をする筆者がトイレ掃除のチェックポイントを紹介します。

トイレを掃除しても臭い時のチェックポイント7つ

 

定期的にトイレ掃除をしていても、もしかしたら汚れを見逃している部分もあるかもしれません。

以下のチェックポイントを徹底的に掃除してみましょう。

  1. トイレブラシの収納ケース
  2. タオル&マット
  3. 便器の淵の裏
  4. 便器と床の隙間
  5. 床&壁
  6. 換気扇
  7. 便座と便器の隙間

①トイレブラシの収納ケース

トイレ掃除をしっかりしていても、「面倒臭い!」と思って放置しがちになってしまうのが『トイレブラシ&収納ケース』です。

ブラシで掃除をしたあとにしっかり水を切ったつもりでも、意外と水分は残っているもので、徐々にケースの下に水が溜まっていきます。

溜まった水が腐って、嫌なニオイを発していることがあります。

なので、こまめに水を捨てたり、ケースの中が汚れていたら定期的に洗うようにしましょう。

うっき

溜まった水を放置しておくと茶色く濁っていることも・・・ 

②タオルやマット

手拭き用のタオルや床に敷いたマットは臭いが染み付きやすいし、色や柄によっては飛び散った尿が確認しづらかったりするので、こまめに洗濯するようにしましょう。

洗濯が面倒ならば、これらは使用しないというのも手ですね。

来客がある時だけタオル・マット・便座カバーを装着するなどでもいいのではないでしょうか。

うっき

便座カバーにも尿は飛び散りやすいので注意です!

③便器の淵の裏

便器の淵の裏側もしっかり掃除しましょう。

目に見えない場所なのでつい掃除を忘れがちですが、アンモニア臭の原因でもある〝尿石〟が溜まりやすく黄色くなっていることもあります。

尿石は付着するとなかなか落ちにくいので、付着する前にこまめにブラシをかけて予防しましょう。

うっき

覗き込んで汚れを確認すると「掃除しないと!」という気持ちになります。ご家庭の便器、1度覗き込んでみてはどうですか?

④便器と床の隙間

便器と床の隙間には、便器をつたって流れてきた尿が溜まっていることもあります。

トイレマットを敷いていると死角になりやすいので、見落としてしまう人も多いのではないでしょうか?

便器を取り外して掃除することは不可能なので、周辺を入念に拭いたり、市販のトイレ用洗剤などを吹きかけて古歯ブラシなどを使用して埃をかきだすように掃除しましょう。

うっき

お酢やクエン酸を使用するのも効果的です。 

⑤床や壁

尿のしぶきが飛び散ったり、フタを開けたまま水を流すと床や壁に菌が飛び散ってしまいます。

床を定期的に拭く人はいても、壁まで拭いている人は少ないのではないでしょうか?

壁紙に染み付いてしまったニオイは取れにくいので、そうなる前に壁も拭いて菌を落とすようにしましょう。

トイレ用のふき取りシートだと壁紙に使用できないものもあるので、クエン酸や重曹スプレーなどを吹きかけて掃除をするのがおススメです。

うっき

クエン酸も重曹も100均で買えるから試してみましょう♪

⑥換気扇

アンモニアは空気より軽いので、天井や換気扇にもアンモニアが溜まっている可能性があります。

臭いが染み付いてしまうこともあるので、換気扇も定期的に掃除したい場所の1つです。

トイレの換気扇を見ると結構埃が溜まっています。

そして、フィルターに埃が溜まっているということは、『空気の循環機能の役割を果たしていない』ということになります。

換気扇としての機能が停止しているということは、ニオイがトイレの中にとどまっているということに繋がりますよね。

換気扇は手が行き届きにくい場所なので見落としがちですが、埃を払うだけでもいいので定期的に掃除したい場所になります。

\トイレの換気扇を外して掃除する方法はコチラで紹介/

トイレの換気扇を掃除したい!換気扇の外し方と掃除ポイントを紹介!トイレの換気扇を掃除する時、換気扇の外し方と掃除ポイントを知りたいですよね?本記事では、トイレの換気扇の外し方と掃除ポイントを紹介しています。換気扇までキレイにしたい方は是非参考にして下さい。...

⑦便座と便器の隙間

温水洗浄便座、簡単に取り外せるの知ってました?

ほとんどの便器の場合、便座の横にあるボタンを押しながら手前にスライドすると簡単に外すことができます。

うっき

僕自身、便座を取り外せるのを最近知りました・・・

僕のように意外と盲点になってしまうのが、この便座と便器の隙間なのです。

  • 隙間に尿が入り込む
  • ウォシュレットのノズルが戻った時に汚れを一緒に持ち帰る

など、この汚れを放置しておくことでどんどん尿石が溜まっていってしまいます。

便器側と便座側の両方が汚れてしまうので、掃除の度にとはいいませんが、1カ月に1回など定期的に確認してみることをおススメします。

うっき

長期間放っておくと汚れを落とせなくなるので早急に対応しましょう。

\温水洗浄便座の外し方はコチラで紹介/

温水洗浄便座の取り外し方!トイレ掃除を徹底的にやりたい方必見ですトイレ掃除を徹底的に行っている方は、温水洗浄便座の取り外し方を知りたいですよね?本記事では、便座の取り外し方と掃除ポイントを紹介しています。トイレの臭いが気になっている方は便座を外して掃除してみましょう。...

トイレの臭いが取れない時のチェックポイント|まとめ

トイレ掃除のチェックポイント
  1. トイレブラシとケースには汚れた水が溜まる
  2. タオルやマットは定期的に交換する
  3. 便器の淵の裏も覗き込んでみよう
  4. 便器と床の隙間に尿は流れ込む
  5. 床や壁に尿は飛び散る
  6. 換気扇を掃除して空気を循環する
  7. 便座と便器を取り外してみよう

毎日使うトイレは常にキレイにしておきたいですよね。

目で見えるところはキレイになっていても、ニオイが取れない時はココで紹介した7つのポイントをチェックしてみましょう。

また、ニオイの場所を特定できない場合は、直接臭いを嗅いで確認することも大切です。

勇気を出してチャレンジしてみて下さい!

ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。