はじめてのサッカー

子供のサッカー観戦に行く時の服装と持ち物【21個】夏と冬で紹介!

主婦
主婦
子供がサッカーをはじめたんだけど、練習とか試合の応援に行く時の親の服装はどんな格好がいいんだろう…?
うっき
うっき
このような悩みを解決していきます。

 

子供のサッカー観戦に行く時、保護者の服装ってどうしたらいいのか迷いますよね。

そこで本記事では、子供のサッカー観戦に行く時の親の服装(夏・冬)や持ち物を紹介します。

 

【この記事がオススメな人】
  • 子供のサッカー観戦に行く時の服装を知りたい人
  • 子供のサッカー観戦に行く時の持ち物を知りたい人

 

子供のサッカー観戦に適した服装

 

子供のサッカー観戦をする時のおすすめの服装・注意点は以下の通りです。

  1. 動きやすい服装
  2. 汚れてもいい服装
  3. 貴重品は身に付ける

 

①動きやすい服装

子供のサッカーの練習や試合の観戦は、動きやすい服装が鉄則です。

運動会やアウトドアなどに行くような服装をイメージするといいですね。

 

動きやすい服装の方がいい理由は以下の通り。

  • ボールが飛んできて拾ったら避けたり、急に動くことがある
  • 立ったり座ったり、移動が多い時もある
  • 天然芝や人工芝を痛めないような靴(スニーカー)でなければいけない

 

また、子供がスポ少(スポーツ少年団)に入ってサッカーをしている場合、親が積極的に動かなければいけない場面が多いです。

そのような時にヒールやスカートを履いていては動きにくいので、何も役に立てないことになってしまいます。

会場の準備や片付けなども行わなければいけないこともあるので、Tシャツにデニムやパンツ、スニーカーが基本的なスタイルになってきます。

うっき
うっき
お父さんもお母さんも、基本的に動きやすい服装でサッカー観戦しましょう。

 

②汚れてもいい服装

サッカーは基本的に屋外で行うスポーツなので、汚れてもいい服装で観戦しましょう。

 

汚れてもいい服装がいい理由は以下の通り。

  • 会場が土のグラウンドの場合、晴れていても砂埃が舞ったり雨の場合は泥が跳ねることもある
  • 天然芝や人工芝の場合でも、ボールが飛んで来たら汚れることもあるし、スタンドのイスや会場のベンチが必ずしもキレイとは限らない

 

芝生の上やベンチに座ってもいい服装、汚れてもいい服装で子供のサッカーを応援しましょう。

うっき
うっき
長時間立っているのは疲れます。屋外で行うサッカーなので外で座ってもいい服装で応援しましょう。

 

③貴重品は身に付ける

当たり前ですが貴重品は肌身離さず身につけておきましょう。

子供のサッカーの試合会場では置き引きに遭う被害が結構多いようです。

大きな荷物を入れるリュックなどとは別に、財布やスマホなどの貴重品が入るくらいの小さなショルダーバッグやポシェットなどを準備しておくといいでしょう。

うっき
うっき
練習中は関係者以外の人が来たらすぐに気が付きますが、試合会場にはいろんなチームの関係者がいるので、全くサッカーに関係な人でも違和感なく誰でも入ることができます。
貴重品は必ず持ち歩くようにしましょう。

 

子供のサッカー観戦の服装と持ち物【夏編】紫外線と汗対策を!

 

夏の子供のサッカー観戦は『とにかく暑い!』の一言です。

紫外線や汗対策はもちろんのこと、保護者も熱中症にならないように対策しましょう。

 

①帽子(サファリハット)

 

紫外線対策として帽子をかぶりましょう。おすすめは、ツバの広いサファリハットです。

  • 通気性が良い
  • 撥水機能が良い
  • 防汚加工されている

汗をかくこともあるので通気性の良い素材や、雨の中観戦することもあるので撥水機能や防汚機能があるハットがおススメです。

 

②日傘

 

女性の紫外線対策として〝日傘〟は定番アイテムですよね。

  • 遮光率の良いもの
  • UVカット率が良いもの
  • 折り畳みタイプ
  • 晴雨兼用タイプ

 

遮光・UVカット率が大きいものの方が紫外線をシャットダウンできますし、折り畳みタイプの方が持ち運びに便利です。

また、急に雨が降ってくることもあるので、晴雨兼用タイプがおススメです。

 

③クールネック

 

首を冷やすアイテムとして、冷感スカーフやクールネックがおすすめです。

  • 洗って繰り返し使用できる
  • 水に濡らして絞るだけ
  • 気化熱の冷却効果で清涼感がある

使用方法も濡らして絞るだけで簡単だし、洗って何度も使用できるのがメリットですね。

 

④冷却タオル

 

汗対策として、濡らして使用する冷却タオルがおススメです。

  • 濡らして絞って振るだけ
  • 水や汗などの水分で何度も冷感を体験できる
  • 洗濯して何度も使用できる

 

冷却タオルも濡らして絞るだけでヒンヤリ気持ち良いのがメリットです。

うっき
うっき
水だけでなく汗でも冷感を体験できるのもいいですね。

 

⑤ハンディ扇風機

 

夏のアウトドアに人気ハンディ扇風機、子供のサッカー観戦にも使用しましょう。

  • 軽くて薄いので持ち運びが楽
  • USBケーブルで充電できる
  • 小型でも風力は十分

 

持ち運びも便利だし、USBで充電できるので行き帰りの車内などでも充電できるのもおすすめです。

うっき
うっき
街中でハンディ扇風機を使用している人をよく見かけるようになりましたね。

 

⑥ワンタッチテント

 

チームで大きいテントがない場合は、日よけ用に個人でワンタッチテントを用意しましょう。

試合がない休憩中に重宝します。

 

以下のような機能があるワンタッチテントがおススメです。

  • UVカット効果があるもの
  • 耐水効果があるもの
  • 風通しのいいもの
  • 虫の侵入を防げるもの
  • 着替え用にフルクローズできるもの
うっき
うっき
簡易テントを設営できない場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

⑦保冷力の高い水筒

 

身体を冷やす効果のある飲料の最適な温度は、5~15℃といわれています。

冷たい飲料水は体温を下げ熱中症予防にもなるので、保護者も保冷力の高い水筒を準備しておきましょう。

うっき
うっき
水筒といえばやっぱりサーモスですよね!

 

⑧保冷力の高いクーラーボックス

 

クーラーボックスはチームとしても個人としても用意しておきたいです。

氷・保冷剤・ペットボトルの保管だけでなく、子供の水筒の中身が空っぽになることも想定して、飲み物は多めに用意しておきたいですよね。

うっき
うっき
イグルーのクーラーボックスは、『氷が5日間溶けない』といわれる人気商品です。

 

⑨塩飴・塩タブレット

 

汗をかくと水分と一緒に体内からミネラルも放出されてしまいます。

塩分が不足していると熱中症の原因にもなるので、簡単に塩分を摂取できる塩飴や塩タブレットを準備しておきましょう。

うっき
うっき
もちろんサッカーで汗をかいた子供にもおすすめです。

 

⑩氷のう

 

氷のうは、熱中症対策として首の後ろを冷やすのにおススメのアイテムです。

練習や試合が終わった子供にもおススメなので、荷物にならなければ用意しておいてもいいでしょう。

うっき
うっき
子供が打撲や捻挫をした時にも役立ちます。

 

【⇓サッカーをしている子供の熱中症対策はコチラで詳しく紹介しています⇓】

サッカーをしている子供の熱中症対策【5つ】熱中症予防グッズ【8つ】子供がサッカーをしている場合、夏の熱中症対策をどのように行ったらいいのか気になりますよね?本記事では、夏のサッカーの熱中症対策と予防アイテムを紹介します。子供を熱中症から守るためにもぜひ参考にしてみて下さい。...

 

子供のサッカー観戦の服装【冬編】防寒対策を万全に!

 

冬の子供のサッカー観戦は『とにかく寒い!』の一言です。

お洒落よりも防寒対策をしっかり行いましょう。

 

①ベンチコート

 

冬の子供のサッカー観戦にはベンチコートがおススメです。

一昔前までは、ベンチコートは小中学生が着ているイメージでしたが、最近ではスタイリッシュでお洒落なベンチコートも増えてきましたよ。

 

  • 暖かい
  • 動きやすい
  • 汚れも気にならない
  • 撥水加工
  • 風邪を通しにくい
うっき
うっき
暖かくて風を通しにくいし、動きやすいのがメリットですね。

 

②ヒートテック

 

ヒートテックは冬の定番商品ですね。

タイツは動きづらいという男性も多いですが、履くと履かないとでは大きな違いがあるので、防寒対策には上下で着用することをおすすめします。

うっき
うっき
ストレッチが効いているし、何より暖かいです。1度履いたら手放せなくなりますよ。

 

③ネックウォーマー

 

首の保温にはネックウォーマーが効果的です。

身体の熱で温められた空気は襟の上部から逃げていき、代わりに冷たい空気が入ってくるので、ネックウォーマーで蓋をすることで全身がポカポカしてくる仕組みになっています。

うっき
うっき
スポーツ用でも私服用でもいいので、身体の熱を逃がさないためにもネックウォーマーの着用をおすすめします。

 

④耳当て

 

意外とあると便利なのが〝耳当て〟です。

サッカーの大会などになると長時間外にいることになるので、耳がとにかく寒い・・・というかイタイ!

 

観戦中は子供たちの声も聴きたいので必要ないかもしれませんが、待機中は耳当てを着けていた方がいいでしょう。

うっき
うっき
地域によってはスキー用のフェイスマスクがあってもいいくらいの寒さですよね。

 

⑤手袋

 

防寒対策には手袋も必須アイテムですよね。

サッカー観戦には以下のような手袋がおススメです。

  • スマホを操作できる
  • 防風・撥水
  • 裏フリース
  • 滑り止め付き

 

スマホを操作できるのはもちろんのこと、防風機能で保温力が高いもの、荷物を運ぶことも多いので滑りどめが付いていものがおススメです。

うっき
うっき
アウトドア用の手袋を探してみるといいかもしれません。

 

⑥インナーダウン

 

防寒対策には薄手だけど暖かいインナーダウンがおススメです。

ノーカラータイプのすっきりコンパクトな形のものだとインナーに仕込みやすいです。

 

アウターとしても使用できるお洒落なものも多いので、暑くなったらコートを脱いでも大丈夫ですね。

うっき
うっき
インナーダウンはお母さんだけでなくお父さんにもおススメです。

 

⑦ヒーターベスト

 

最近人気が出てきているのが、カーボンファイバーを搭載したヒーター付きベストです。

バッテリー式で3~7時間(強・中・弱)使用でき、首から背中まで暖めてくれます。

うっき
うっき
一度着用したら手放せなくなりそうなアイテムですね。

 

⑧ブランケット

 

ブランケットもあると便利なアイテムです。

待機中に膝に掛けたり肩から掛けたりして暖まるだけでなく、試合の観戦中は冷たいベンチに敷いて使用することもできます。

うっき
うっき
汚れることも多いので、洗える素材を選ぶようにしましょう。

 

子供のサッカー観戦に必要な持ち物

 

夏・冬の服装や持ち物の他に、あったら便利な観戦アイテムを紹介します。

 

①三脚・一脚(カメラ有りの場合)

 

ビデオカメラを撮るお父さんお母さんにおススメなのが三脚・一脚です。

僕がおススメしたいのは一脚です。

  • 撮影場所に困らない
  • 軽量で持ち運びが楽
  • 難しい操作がない

 

三脚と違って設置場所が狭くても安定した撮影が可能ですし、軽量なので持ち運びに便利です。

また、伸縮もレバーロック式のものが多いので、簡単に伸縮・収納ができます。

うっき
うっき
僕は一脚を使用しています。手ブレすることもなくなり、慣れると使いやすいですよ♪

 

②アウトドア用の座布団

 

あって便利だったのがアウトドア用の座布団です。

  • 固くて冷たいアスファルト
  • チクチクする芝生の上
  • 固いベンチの上

 

エアータイプのものだとクッション性もいいし、収納も簡単で持ち運びが楽なのがメリットです。

うっき
うっき
長時間座っていてもお尻が痛くならないので、子供のサッカー観戦におススメのアイテムです。

 

③おやつ

 

大会になると朝から夕方まで会場にいることが多いです。

お弁当だけでは足りなくなってくるお子さんも多いので、簡単にエネルギーを吸収できる〝カロリーメイト〟や〝スポーツようかん〟などを準備しておくといいです。

 

汗をかいて失った塩分の補給や低血糖状態を防げるようなおやつを選びましょう。

うっき
うっき
口が寂しくなることも多いので、自分用としてもいいですね♪

 

まとめ:子供のサッカー観戦は、暑さ・寒さ対策と動きやすい服装で!

子供のサッカー観戦【服装と持ち物】
  • 動きやすい服装
  • 汚れてもいい服装
  • 貴重品を身に付けよう
  • 熱中症対策を徹底しよう
  • 防寒対策を徹底しよう

 

子供のサッカー観戦は暑さ・寒さ対策をメインに考え、動きやすくて汚れてもいい服装で応援しましょう。

ここで紹介した服装やアイテムを是非参考にしてみて下さい。

ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。