はじめてのサッカー

サッカー日本代表に帰化してプレーする条件【7つ+FIFAの規定】

サッカー少年
サッカー少年
サッカー日本代表で活躍した帰化選手って少ないよね?日本人に帰化する条件って厳しいのかな?
うっき
うっき
このような疑問を解決していきます。

 

サッカーのフランス代表など海外の代表チームでは、国外にルーツを持っている選手がたくさんいますよね。

複数の国籍を所持している為、自身の希望により代表チームを選択することができます。

このように海外の代表チームでは2重国籍を持つ選手が珍しくありませんが、日本では帰化した選手が代表チームで活躍することは少ないですよね。

 

それには、日本の厳しい帰化条件が少なからず関係しています。

本記事では、海外のサッカー選手が日本に帰化する条件を紹介します。

この記事がおススメな人
  • 海外のサッカー選手が日本に帰化する条件を知りたい人
  • 日本に帰化するサッカー選手が少ないことに疑問を持っている人

 

日本人に帰化する条件

 

外国人が日本に帰化する際に必要になってくる条件は以下の通りです。

  1. 住所条件
  2. 能力条件
  3. 素行条件
  4. 生計条件
  5. 喪失条件
  6. 思想条件
  7. 日本語能力条件

 

①住所条件

【引き続き五年以上日本に住所を有すること】

 

まずは、帰化の申請をする人が5年以上日本に住んでいることが必要となってきます。

〝引き続き〟という点がよく問題になるそうで、5年間の間に数か月出身国に戻ったり、在留が中断していると判断されると5年以上というケースに当てはまらなくなってしまいます。

うっき
うっき
渡航の理由や日本での生活状況などから総合的に判断されるみたいですね。

 

その他、以下のような方は条件が緩和されるようです。

  1. 日本国民であった者の子(養子を除く。)で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有するもの
  2. 日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所若しくは居所を有し、又はその父若しくは母(養 母を除く。)が日本で生まれたもの
  3. 引き続き10年以上日本に居所を有する者
  4. 日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に所を有するもの
  5. 日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの
  6. 日本国民の子(養子を除く)で日本に住所を有するもの
  7. 日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であったもの
  8. 日本の国籍を失った者(日本に帰化した後日本の国籍を失った者を除く。)で日本に住所を有するもの
  9. 日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き3年以上日本に住所を有する者

引用:帰化ドットコム

うっき
うっき
日本で誕生したり、日本人と結婚したり、留学生として長く日本にいることで条件が緩和すると言うワケですね。

 

②能力条件

【年齢が20歳以上であり本国法によって行為能力を有している。】

 

帰化申請が認められるためには、〝20歳以上であること〟が必須条件になってきます。

それに加えて、帰化しようとしている本人の母国の法律でも成人年齢に達していることが必要です。

 

また、未成年の子供が両親と一緒に帰化申請する場合は、20歳に達していなくても帰化することができます。

うっき
うっき
サッカー日本代表でも活躍した『ハーフナー・マイク』がこのケースになりますね。

 

③素行条件

【素行が善良であること】

 

素行条件というのは以下の要素で判断されています。

  • 犯罪歴の有無
  • 交通違反はしていないか
  • 納税義務を果たしているか
  • 年金を収めているか

 

犯罪の有無は説明する必要もありあませんよね。

交通違反に関しては、駐車禁止などの軽微なものでも積み重ねると帰化が認められないことがあるようです。

納税義務は、基本的に国内に居住している場合は日本国籍がない人でも納税しなければなりません。

年金の支払いも帰化条件として必要になりました。

うっき
うっき
日本のルールを守り、しっかり働いて納税と年金を支払わなければいけないとうことですね。

 

④生計条件

【自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること】

 

生計条件は、生計は成り立っているか?日本で生活していけるかどうか?という審査項目になります。

一人暮らしであれば『自分一人の収入で生活できるか』、家族と一緒に暮らしているのであれば『家族の収入で生活できるお金があるのか』ということを見られます。

 

貯金額はあまり関係なく、安定した職で安定した収入があるのかということが重要になってきます。

また、住宅ローンや自動車ローンなどの借金があっても、滞りなく支払えていれば問題ないようです。

うっき
うっき
日本で生活できる能力があるのか判断するということですね。

 

⑤喪失条件

【国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと】

 

日本に帰化するためには、母国の国籍を失うことができるかどうかという条件です。

日本は二重国籍を認めていないので、この条件が必要になってきます。

 

例外として、本人の意思によって母国の国籍から離脱できない場合は、この条件をクリアできなくても帰化が認められることがあります。

例えばブラジルは国籍の離脱を認めていないので、ブラジル出身の人が帰化した場合は、日本とブラジルの二重国籍となります。

うっき
うっき
サッカー日本代表として活躍した、ブラジル出身の『ラモス瑠偉』や『闘莉王』などのケースがそうですね。

 

⑥思想条件

【日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと】

 

難しく記載されていますが、簡単に言うと暴力団やテロリストではないことということです。

日本政府を暴力によって破壊するような思考がある場合は、日本への帰化は認められません。

うっき
うっき
日本に対して危険人物だと判断されなければいいわけですね。

 

⑦日本語能力条件

【日本語の読み書きができること】

 

帰化申請では日本語能力もある程度必要になってきますが、そこまで厳しいわけではないようです。

面接などで「日本語がたどたどしいな?」とか「日本語能力が足りないかも?」などと思われた時に、筆記試験が課されるようです。

留学生や日本の企業に就職をしている方であれば、簡単な条件ですね。

うっき
うっき
最低限の読み書きなど、小学3年生程度のレベルがあればいいようです。

 

FIFA(国際サッカー連盟)の条件

引用:日本サッカー協会オフィシャルサイト

 

サッカーは国際大会が盛んな競技の1つなので、選手が帰化する例が多いスポーツでもありあます。

そのため、代表を強化するための安易な帰化を防止するために、FIFA(国際サッカー連盟)独自の帰化条件を設けています。

基本的なルールは以下の通りです。

 

代表の公式戦に一度でも出場すると他国の代表になれない

年代別代表やA代表の公式戦に一度でも出場したことがある選手は、その後に国籍を変更しても他国の代表選手になることはできません。

  • U-20などの世界大会に出場した
  • オリンピックに出場した
  • ワールドカップ予選に出場した

このような場合は、他国に帰化したとしても代表選手として活躍することができないのです。

うっき
うっき
代表の親善試合や練習に参加しただけの場合は、代表チームを変えることができます。

 

重国籍者に限る例外

複数の国籍を保持している人でも、一度でもA代表の公式戦に出場すると他国の代表になることはできません。

しかし例外があって、A代表ではなく年代別代表の公式戦にのみ出場した選手は、出場していた際に保持していた別の国籍に1度だけ変更することができます。

あくまでも重国籍者に対する例外なので、年代別代表の公式戦にしか出場していない場合でも、あとから国籍を取得して代表チームを変更することはできません。

うっき
うっき
さらに特殊例として、国家が分離独立した場合は、分離した国から国籍を選べるようです。旧ユーゴスラビアが例になりますね。

 

年代別代表からA代表の公式戦に一度も出場していない選手

年代別代表やA代表の公式戦に一度も出場したことがない選手に限り、他国の国籍を取得して他国の代表チームの一員としてプレーすることができます。

しかし、この場合も条件が設けられていて

帰化した国に、18歳に達した後から5年以上の居住歴を持たなければならないという条件があります。

なので、18歳からその国に住み始めて5年なので、早くても23歳にならないと代表選手になる資格を得られないということになります。

うっき
うっき
安易な帰化を防止するために、サッカーでは厳しいルールが制定されていますね。

 

【⇓厳しいハードルを越えて日本代表として活躍した帰化選手はコチラで紹介⇓】

【サッカー日本代表】帰化した選手!日本サッカー界に尽くしたサムライサッカー日本代表で活躍した帰化選手を知りたいですか?本記事では、日本サッカーに尽くし、サッカー日本代表で活躍した帰化選手のプレースタイルや活躍ぶりを紹介しています。...

 

まとめ:海外サッカー選手が日本代表で活躍するには厳しい条件がある

外国人がサッカー日本代表で活躍する条件
  1. 住所条件
  2. 能力条件
  3. 素行条件
  4. 生計条件
  5. 喪失条件
  6. 思想条件
  7. 日本語能力条件
  • FIFA(国際サッカー連盟)の規定

 

海外サッカー選手が日本代表として活躍するための帰化条件は、『日本人に帰化する条件+FIFAの条件』をクリアしなければなりません。

FIFAの条件をクリアしていても、日本の帰化条件が厳しいために日本代表で活躍した帰化選手が少ないのかもしれませんね。

これまでに日本に帰化した選手は、日本を愛し、日本のために全力でプレーしてくれる選手ばかりでした。

今後も、サッカー日本代表として活躍する帰化選手が出てくることを楽しみにしたいですね。

ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。