はじめてのサッカー

サッカースパイク『6大メーカー』の特徴を紹介!サッカー初心者必見です

サッカー少年
サッカー少年
これからサッカーをはじめるんだけど、スパイクって種類がいっぱいあって何を選んだらいいのかわからない…
うっき
うっき
このような悩みを紹介します。

 

これからサッカーをはじめる方や、お子さんがサッカーをはじめるという親御さんは、サッカースパイクを何を選んだらいいのかわかりませんよね。

サッカーのスパイクは、足に合っているか(フィットするか)・環境(グラウンド)に合っているかどうかが選ぶときに大切になってくるポイントです。

本記事では、サッカースパイクの特徴を主なメーカー毎に紹介します。サッカー初心者の方、是非参考にしてみて下さい。

 

この記事がおススメな人
  1. サッカースパイクの選び方に悩んでいる人
  2. メーカー毎の主な特徴を知りたい人
  3. これからサッカーをはじめる人

 

サッカースパイク『6大メーカー』の特徴

 

サッカースパイクはたくさんのメーカーから販売され、メーカー毎にも様々な種類のスパイクがあります。

「ナイキは幅が狭い」とか「アシックスは日本人の足に合っている」などと耳にする方も多いでしょう。

 

しかし、メーカーから出されているスパイクの種類によっても幅や大きさは変わってくるので、あくまでも〝目安〟として考えて下さい。

ここでは、スポーツショップで購入できる以下のメーカーの特徴を〝ざっくり〟と紹介するので、スパイク選びの参考にしてみて下さい。

 

  1. adidas(アディダス)
  2. NIKE(ナイキ)
  3. PUMA(プーマ)
  4. asics(アシックス)
  5. mizuno(ミズノ)
  6. umbro(アンブロ)

 

①adidas(アディダス)

 

アディダスはドイツ発祥のスポーツメーカーです。

アディダスのスパイクは、足幅がE~2Eという標準的なサイズのものが多く、他のメーカーのスパイクに比べると少し縦に長めでつま先が狭くなっている特徴があります。

 

現在、アディダスから販売されている主なシリーズは以下の通り。

  • COPA(コパ):カンガルーレザーで足にしっかり馴染む
  • X(エックス):縦への突破力重視、アタッカー向け
  • NEMEZIZ(ネメシス):機敏性や俊敏性などのアジリティ重視
  • PREDATOR(プレデター):安定したフィット力でボールコントロール重視

 

アルゼンチン代表のリオネル・メッシや、ウルグアイ代表のルイス・スアレスもアディダスを愛用しています。

うっき
うっき
初心者から上級者まで幅広く愛用されています。

 

②NIKE(ナイキ)

 

ナイキはアメリカのスポーツメーカーです。

ナイキのスパイクは、足幅がD~E(やや狭め~標準)のものが多いので、足幅が少し狭い人や標準の方が選びやすいラインナップになっています。

FG(天然芝)モデルのスパイクになると、さらに細身になるので試着して選ぶことをおすすめします。

 

現在、ナイキから販売されている主なシリーズは以下の通り。

  • MERCURIAL(マーキュリアル):スピードと加速力重視
  • HYPERVENOM(ハイパーヴェノム):加速と機敏性を併せ持つ
  • MAGISTA(マジスタ):ボールコントロール重視ゲームメイクする選手向け
  • TIMPO(ティエンポ):フィット感重視でナイキ唯一の天然皮革

 

ナイキの特徴としては、スパイクの構造で縫い目が少なくとてもシャープな造りをしたモデルが多いです。

クリスティアーノ・ロナウドなどの前線のスピードのある選手が多く使用しています。

うっき
うっき
ナイキはハイカットモデルにも力を入れていますね。

 

③PUMA(プーマ)

 

プーマはドイツ発祥のスポーツメーカーです。

プーマのスパイクは、足幅がE~2Eの標準のものが多いので、標準~やや幅広な方が選びやすいラインナップになっています。

ワイドモデルも一部展開されています。

 

現在、プーマで販売されている主なシリーズは以下の通り。

  • PARA MEXICO(パラメヒコ):日本人向けにフィットしたスパイク
  • KING(キング):フィット力に優れボールコントロール重視
  • ONE(ワン):機能性に優れている
  • FUTURE(フューチャー):フィット力抜群!NETFITという技術を搭載

 

プーマのスパイクの特徴は軽量性に優れているところで、フィット力が強く素足感覚の履き心地の良さがメリットです。

お洒落で価格も安いものが多いので、初心者にもおススメです。

うっき
うっき
筆者は高校3年間パラメヒコ信者でした。

 

④asics(アシックス)

 

アシックスは日本のメーカーなので、日本人の足に合うことがメリットです。

アシックスのスパイクは、足幅標準Eを中心にD~2Eまで(スリムなもの~ワイドなものまで)展開されています。

幅広いラインナップなので選びやすいという特徴もあります。

 

現在、アシックスから販売されているスパイクは以下の通り。

  • DS LIGHT(DSライト):足との一体感を感じられる、繊細なタッチを実現
  • ULTREZZA(ウルトレッツァ):俊敏性と繊細なボールタッチを実現
  • MENACE(メナス):高速プレーをサポートしてくれるスピード重視

 

ウルトレッツァはヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタと共同開発した商品で人気があります。

また、アシックスの代表的なスパイクでもあるDSライトですが、誰の足にも合いやすく使いやすいので、初心者にもおススメのスパイクとなっています。

うっき
うっき
筆者が学生の時もDSライトは流行っていました。

 

⑤mizuno(ミズノ)

 

ミズノはアシックスと同じく日本のスポーツメーカーで、ワイド設計のスパイクが多く屈曲性に優れているので足に馴染みやすいのが特徴です。

ミズノのスパイクは多種多様で、タイトなものからスーパーワイドのものまで幅広く取り扱っています。

 

現在、ミズノから販売されている主なシリーズは以下の通り。

  • MONARCIDA(モナルシーダ):部活動向けで軽量・柔軟・素足感覚
  • REBULA(レビュラ):スピード重視
  • MORELIA(モレリア):最高級のカンガルーレザーで履き心地抜群

 

ミズノのスパイクも〝素足感覚〟をキーワードとしていて、ボールコントロールやボールを蹴った時の感覚が足に伝わりやすいスパイクを作っています。

本田圭佑選手や中村憲剛選手が使用しています。

うっき
うっき
モレリアはミズノの伝統的なスパイクで、筆者が学生の頃も人気がありあました。

 

⑥umbro(アンブロ)

 

アンブロはイギリスで誕生したスポーツメーカーですが、国内と海外でラインナップが違いうのも特徴です。

ミズノやアシックスに似てワイドなつくりのスパイクが多いです。

 

現在、アンブロから販売されている国内の主なシリーズは以下の通り。

  • ACCERATOR(アクセレーター):フィット力と安定感が抜群
  • ACR CT(ACRシーティー):ボールコントロールと耐久性に優れる

 

アンブロは柴崎岳選手とコラボしたり、遠藤保仁選手が愛用しています。

アクセレーターシリーズはアンブロの定番商品で、履きはじめから足にフィットする感覚があります。

うっき
うっき
アンブロのスパイクはつま先が丸みを帯びているのも特徴です。

 

サッカースパイクの選び方

 

サッカーはボールを足で扱いよく走るスポーツですよね。

そのためスパイクのサイズ合わせがとても大切になってきます。

 

サイズが合わないとサッカーのプレーに悪影響を与えるだけでなく、スパイクの中で足が動いたりして怪我をする可能性もあります。

なのでスパイクの選び方はとても重要になってくるのです。

 

ここでは、サッカースパイクの選び方を紹介します。

  1. 素材で選ぶ
  2. グラウンドに合ったスパイクを選ぶ
  3. 足に合ったサイズを選ぶ
  4. ビジュアルで選ぶ

 

①素材で選ぶ

サッカースパイクの素材には主に〝天然皮革〟と〝人工皮革〟の2種類があります。

 

【天然皮革】

メリット ・伸びやすく履き込むほど足にフィットする

・通気性が良く蒸れにくい

デメリット ・型崩れを起こしやすい

・水に弱く雨に濡れると変形しやすい

 

【人工皮革】

メリット ・型崩れしにくい

・雨天時のプレーにおすすめ

デメリット ・通気性が悪くて蒸れやすい

・伸びにくくて縮みにくい。足に馴染みにくい

 

天然皮革は足にフィットしやすいが、高価で手入れが大変です。

なので、はじめてサッカースパイクを購入する人は、比較的安価で丈夫な人工皮革のスパイクを選ぶのがいいでしょう。

 

②グラウンドに合ったスパイクを選ぶ

サッカースパイクは、使用するグラウンドや環境によって形状や特徴が変わってきます。

 

  • HG(ハードグラウンド):硬い土のグラウンド
  • FG(ファームグラウンド):天然芝のグラウンド
  • SG(ソフトグラウンド):やわらかい土(雨の日)のグラウンド
  • AG(アーティフィシャルグラウンド):毛足が長い人工芝

以上のように、サッカースパイクといっても様々な種類がありますが、土のグラウンドが多い日本では、HGタイプのスパイクが1番売れています。

 

HGタイプのスパイクは芝のグラウンドでも使用できる万能タイプです。

なので、何を選んだらいいのかわからない場合は、HGタイプのスパイクから選ぶようにしましょう。

 

③足に合ったサイズを選ぶ

大きすぎず小さすぎず、自分の足にピッタリフィットするスパイクを選びましょう。

 

スパイクを着用して、立った状態で以下のことをチェックしてみましょう。

  • かかとに緩みがないか
  • つま爪先に5mm程ゆとりがあるか
  • 5本の指がしっかり動かせるか
  • 足の幅が合っているか

 

足が締め付けられるような感覚があったり、足裏に無駄な力が掛かっていたり、違和感がないか確認して選びましょう。

 

【⇓足幅の測り方はコチラのサイトで詳しく確認できます⇓】

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/shoe-size-guide

 

④ビジュアルで選ぶ

サッカースパイクはデザインも多種多様でカラーもとても豊富です。

自分の好きなデザインのスパイクを選べば愛着が湧いて「いっぱい練習しよう!もっとうまくなりたい!」とモチベーションも上がります。

 

好きなサッカー選手が履いているスパイクと同じものを選んだり、格好良いビジュアルや好きな色で選ぶのもいいでしょう。

スパイク選びに迷った時は、《好きなデザイン・好きなメーカー・伝統的なスパイク・足に合いやすいスパイク》などを基準にして選んでみてもいいでしょう。

 

【⇓サッカースパイクとトレーニングシューズの違いはコチラ⇓】

サッカースパイクとトレーニングシューズの違い【初心者向け】サッカースパイクとトレーニングシューズの違いを知りたいですか?本記事では、サッカー初心者向けにサッカースパイクとトレーニングシューズの違いや特徴を紹介しています。...

 

まとめ:自分の足に合った好きなデザインのスパイクを選ぼう

サッカースパイクの特徴
  • アディダス:標準サイズが多く少し縦に長い
  • ナイキ:やや狭い~標準、シャープでスピード重視のデザイン
  • プーマ:標準~やや広め、お洒落で比較的安価
  • アシックス:ラインナップが豊富、日本人の足に合う
  • ミズノ:スーパーワイドまで幅広いラインナップ
  • アンブロ:幅広いスパイクが多い

 

サッカースパイクは、怪我などのトラブルを防止し良いプレーができるように自分の足に合うものを選ぶことが大切です。

そのうえで、自分の好きなビジュアルやデザインのスパイクを探してみましょう。

ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。