はじめてのサッカー

サッカースパイクとトレーニングシューズの違い【初心者向け】

悩める主婦
悩める主婦
子供のサッカーシューズを選ぼうと思ってるんだけど、サッカーのスパイクとトレーニングシューズって何か違いがあるの?
うっき
うっき
スパイクもトレーニングシューズもサッカーでは使用できますが、足への負担などが変わってきます。詳しく違いを紹介していきます。

 

これからサッカーをはじめる方や、お子さんがサッカーをしている親御さんは、サッカースパイクとトレーニングシューズの違いなどわからないことが多いですよね。

そこで本記事では、初心者の方へ向けて、サッカースパイクとトレーニングシューズの特徴を紹介していきます。

 

この記事がオススメな人
  • これからサッカーをはじめる人
  • サッカースパイクとトレーニングシューズの特徴を知りたい人

 

サッカースパイクとトレーニングシューズの違い

 

サッカースパイクとトレーニングシューズの主な違いは、靴の裏の突起(スタッドやポイントと呼ぶ)にあります。

  • サッカースパイク:大きくて長めのスタッドが付いている
  • トレーニングシューズ:小さくて短いスタッドがたくさん付いている

サッカースパイクには〝固定式〟と〝取替式〟がありますが、本記事では固定式スパイクをメインに話していきます。

 

サッカースパイク

引用:サッカーショップ【SWS】

 

サッカースパイクは、靴の裏に大きく長めのスタッドが12個前後付いていて、硬い土や天然芝のグラウンドでの使用がメインになっています。

ポイントが磨耗すると滑りやすくなるので、スタッドが減ってきたらスパイクの交換時期だと考えて下さい。

 

トレーニングシューズ

引用:サッカーショップ【SWS】

 

トレーニングシューズは、名前の通り『トレーニング用(練習用)』のシューズという意味ですが、実際は公式の試合でも使用できるようです。

靴裏がゴム製なので、サッカースパイクより摩耗が早いというデメリットもあります。

うっき
うっき
主に人工芝での練習などに使用されています。

 

サッカーシューズの適応グラウンド

天然芝 人工芝 体育館
サッカースパイク ×
トレーニングシューズ ×

 

上記のように、サッカースパイクもトレーニングシューズも体育館での使用は禁止で、土や天然芝などで幅広く使用することが可能です。

次章でそれぞれのサッカーシューズの特徴を詳しく解説していきます。

 

サッカースパイクの特徴

 

日本のジュニア世代で主に使われているスパイクは〝固定式〟でスタッドとソール(足の裏)が一体化しているタイプのものです。

ここでは、固定式スパイクをメインにして話を進めていきます。特徴は以下の通りです。

  1. 幅広く使用できる
  2. グリップ力が強い
  3. 足への負担が大きい

 

①幅広く使用できる

先程も述べましたが、サッカースパイクは『固い土のグラウンド・天然芝・人工芝』で使用可能と、幅広く対応しています。

芝のグラウンドが少ない日本では場所を選ばずに使用できるため、サッカーシューズの主流となっているのが固定式スパイクです。

うっき
うっき
人工芝のグラウンドは、芝を痛めてしまうと張り替えることしかできないため、民間のサッカー場やフットサル場などではスパイク禁止のところも多いので注意しましょう。

 

サッカースパイクは固い土のグラウンドで使用することがほとんどなので、どうしても摩擦によるスタッドの摩耗は避けられません。

ソールの交換は可能なのですが、費用が高いので、スタッドが減ったらスパイクの買い替え時期だと判断しましょう。

うっき
うっき
天然芝で使用する時は、土のグラウンドに比べると滑りやすいので気を付けましょう。

 

②グリップ力が強い

サッカースパイクのスタッドの数は12個前後と少なく、一つ一つが大きくて高さがある設計になっています。

そのため、スタッドが地面に食い込みやすくなっているので、グリップ力が強くて滑りにくいのが特徴です。

運動靴では滑りやすい学校のグラウンドでも、スパイクを履くことで急なストップやダッシュ、方向転換などをスムーズに行うことができます。

うっき
うっき
サッカーをはじめた小学生の頃は、「スパイクを履くと足が速くなる!」という感覚があったのを覚えています。

 

③足への負担が大きい

グリップ力が強いというのはメリットですが、スパイクは少ないスタッド部分で体重を〝点〟でとらえるため、強く踏み込んだ時に脚・膝・腰などに強い衝撃が伝わることになります。

また、ソール(足の裏の部分)は一般的に硬い樹脂の素材で作られています。

樹脂のソールは耐久性に優れていますが、硬い分クッション性がないので足にかかる衝撃は大きくなります。

うっき
うっき
スタッドが20個以上付いているスパイクもあるので、小学生におススメです。

 

成長過程にある子供がサッカースパイクを履くと、かかとが痛くなったりバランスを取れずに捻挫をしてしまうなど、怪我をするリスクが大きくなることもあります。

子供の身体の成長を考えると、スパイクを履きはじめるのは低学年のうちは避けた方がいいとも言われています。

筋肉が付きはじめる3年生くらいまでは、トレーニングシューズを履かせて思いきりピッチを走り回ってもらいましょう。

 

トレーニングシューズの特徴

引用:サッカーショップ【SWS】

 

トレーニングシューズを分かりやすく言うと、普通の運動靴とスパイクの中間的なものです。

名前の通りトレーニングでの使用を想定していますが、試合でも使用可能です。特徴は以下の通りです。

  1. 幅広く使用できる
  2. ラバーソール(靴の裏がゴム製)なのでクッション性がある
うっき
うっき
トレーニングシューズは通称『トレシュー』と呼ばれています。

 

①幅広く使用できる

トレーニングシューズも固い土・天然芝・人工芝と、幅広く対応しています。

トレーニングシューズは足にかかる負担が少ないので、固い土や人工芝での使用に最適です。

うっき
うっき
芝が長めの天然芝では滑りやすいので注意しましょう。

 

サッカースパイクと違い、靴底がゴム製なので摩耗が早いです。

摩耗すると凸凹がなくなって滑りやすくなるので、怪我をする前に買い替えるようにしましょう。

 

②ラバーソールなのでクッション性がある

ラバーソール(靴底がゴム製)で柔らかいので、耐久性は低いというデメリットがありますが、クッション性があるので身体への衝撃を吸収してくれます。

トレーニングシューズは、サッカースパイクとは違いスタッドが多くて高さが低いので、自分の体重を面でとらえて足裏全体で負荷を分散してくれます。

うっき
うっき
成長過程で足の筋力が発達していない子供に適したサッカーシューズといえますね。

 

サッカーは急に止まったり方向転換をしたり、足への負担が大きいスポーツです。

なので、個人差はありますが小学生低学年のうちは、サッカースパイクよりクッション性が高いトレーニングシューズの使用をおススメします。

うっき
うっき
お子さんが小さいうちはトレーニングシューズを履いて思いっきり走り回って、筋力や体力が成長したらサッカースパイクに変えるといいですね。

 

まとめ:足への負担を考えてサッカーシューズを選ぼう

サッカースパイクとトレーニングシューズの違い

【サッカースパイク】

  • スタッドが大きくて少ない
  • ソールが樹脂製で硬い
  • 脚への負担が大きい

【トレーニングシューズ】

  • スタッドが小さくて多い
  • ソールがゴム製でやわらかい
  • 脚への負担が小さい

 

サッカースパイクもトレーニングシューズも幅広いグラウンドで使用できます。

身体への負担を考えると、小学生低学年のうちはトレーニングシューズを使用し、骨や筋肉が成長したらサッカースパイクに履き替えることをおすすめします。

サッカー初心者の方は、是非この記事を参考にして頂き、身体への負担を考えてサッカーシューズを選びましょう。

 

【⇓サッカースパイクの6大メーカーの特徴を紹介しています⇓】

サッカースパイク『6大メーカー』の特徴を紹介!サッカー初心者必見ですサッカー用のスパイクのメーカー毎の特徴を知りたいですか?本記事では、日本で有名な6大メーカーのサッカースパイクの特徴を紹介しています。サッカー初心者の方、是非参考にしてみて下さい。...
ABOUT ME
UKKI
はじめまして。当ブログの運営者『UKKI(うっき)』です。 当ブログ『リベログ』の〝リベロ〟とは、イタリア語で【自由な人】という意味があります。 会社に縛られない【自由】な暮らしに憧れる会社員です。 当ブログに訪れた人が「役に立った・いいことを知った・面白かった」などと思えるように、《犬情報・サッカー情報・暮らしの情報》をメインにお届けする雑記ブログです。
テキストのコピーはできません。