プレミアリーグ PR

プレミアリーグ通算得点ランキング【TOP10】歴代最多得点を記録した選手は誰?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

プレミアリーグといえば、世界中のサッカーファンが熱狂するイングランドのトップリーグです。

過去には多くの選手がこのリーグで華麗なる軌跡を残してきましたが、歴代最多得点を記録した選手は一体誰なのでしょうか?

本記事では、プレミアリーグの通算得点ランキングトップ10を紹介し、それぞれの選手がどのように記録を刻んできたのか、彼らの偉大な足跡を振り返ります。

\プレミアリーグ全試合配信/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

ブライトンの試合を制限なく視聴できる!

プレミアリーグ歴代通算得点ランキング(1992年~2024年)

プレミアリーグの歴史を彩る多くのストライカーたちが、その抜群の得点力で世界中のファンを魅了してきました。

ここでは、プレミアリーグで最も多くのゴールを決めたトップ10の選手を紹介し、彼らの輝かしいキャリアとその達成した記録について振り返ります。

【10位】モハメド・サラー(263試合157ゴール)

「モハメド・サラー」は、プレミアリーグではチェルシーとリヴァプールでプレーし、通算「263試合157ゴール」を記録しています。

エジプトのアラブ・コントラクターズSCでキャリアをスタートしたのち、2012年にスイスのバーゼルに移籍。

ヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグでチェルシー相手にゴールを決めると、2014年にチェルシーへと移籍しました。

しかし、チェルシーでの出場機会は限られ、フィオレンティーナとローマでのレンタル移籍を経てローマへ移籍。

ローマでの活躍が評価され、2017年にリヴァプールと長期契約を締結、

  • プレミアリーグ優勝1回
  • FAカップ優勝1回
  • カラバオカップ優勝2回
  • チャンピオンズリーグ優勝1回

というタイトル獲得に貢献しました。

毎シーズン二桁得点を記録し、在籍7シーズンで得点王に3回も輝いています。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
リーズ・
ユナイテッド
2013-14102
2014-1530
通算132
リヴァプール2017-183632
2018-193822
2019-203419
2020-213722
2021-223523
2022-233819
2023-243218
通算250155
プレミアリーグ通算263157

エジプト代表としても大活躍し、特に2018年のW杯予選でエジプトの本大会出場を決めるゴールを挙げました。

2018年のロシアW杯では、怪我の影響で初戦を欠場しましたが、第2戦でと3戦でゴールを決めています。

国際Aマッチ「89試合51ゴール」という素晴らしい記録を残しています。

「サラー、マネ、フィルミーノ」の3トップは強烈でしたね。

【9位】ロビー・ファウラー(379試合162ゴール)

「ロビー・ファウラー」は、リヴァプールで生まれ、1993年にリヴァプールのトップチームでデビューを飾りました。

リヴァプールに在籍した9シーズンで120ゴールを決め、クラブの主力選手としての地位を築き〝GOD(ゴッド)〟という愛称で親しまれる選手になりました。

プレミアリーグでは379試合162ゴールを記録しています。

その後、

  • リーズ・ユナイテッド
  • マンチェスター・シティ
  • ブラックバーン・ローヴァーズ

といったクラブを渡り歩きます。

その都度、チームの攻撃を牽引。リヴァプールに短期間復帰した後は、サッカー人生の新たなステージとしてオーストラリアやタイでのプレーも経験しました。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
リヴァプール1993-942812
1994-954225
1995-963828
1996-973218
1997-98209
1998-992514
1999-2000143
2000-01278
2001-02103
通算236120
リーズ・
ユナイテッド
2001-022212
2002-0382
通算3014
マンチェスター・
シティ
2002-03132
2003-04317
2004-053210
2005-0641
通算8020
リヴァプール2005-06145
2006-07163
通算308
ブラックバーン・
ローヴァーズ
2008-0930
プレミアリーグ通算379162

イングランド代表デビューは1996年。

1998年のW杯メンバーからは漏れましたが、「EURO 2000」と「2002日韓W杯」ではメンバー入り、代表通算26試合7得点を記録しました。

ピッチ外で問題を起こすこともあったため、リヴァプールでは憎めない悪童として現在も人気があるようです。

多くのファンに愛され続けているサッカー界のレジェンドです。

【8位】ジャーメイン・デフォー(496試合163ゴール)

「ジャーメイン・デフォー」は、ウェストハム・ユナイテッドでプロデビューを果たし、プレミアリーグでは496試合162ゴールを記録したフォワードの選手です。

トッテナムで多くのシーズンを過ごし、初期には高い評価を受け、ゴールを量産したことで注目を浴びました。

  • ウェストハム
  • トッテナム
  • ポーツマス
  • トロント(MLS)
  • サンダーランド
  • レンジャーズ(プレミアシップ)

といったクラブで活躍し、特にサンダーランドでは、クラブを降格の危機から救う大きな役割を果たしました。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
ウェストハム・
ユナイテッド
2000-0110
2001-023510
2002-03388
通算7418
トッテナム・
ホットスパー
2003-04157
2004-053513
2005-06369
2006-073410
2007-08194
通算13943
ポーツマス2007-08128
2008-09198
通算3116
トッテナム・
ホットスパー
2008-0983
2009-103418
2010-11224
2011-122511
2012-133411
2013-14141
通算13748
サンダーランド2014-15174
2015-163315
2016-173715
通算8734
ボーンマス2017-18244
2018-1940
通算284
プレミアリーグ通算492163

デフォーのイングランド代表としてのキャリアも光り輝くもので、2010年のW杯ではスロベニア戦で決勝ゴールを決めるなど、重要な場面で活躍。

国際Aマッチでは「57試合20得点」という記録を残しました。

小柄でしたがゴールへの嗅覚が素晴らしい選手でした。

【7位】ティエリ・アンリ(258試合175ゴール)

「ティエリ・アンリ」は、リーグ・アンのASモナコで「アーセン・ベンゲル」監督のもと1994年にプロデビューを果たします。

その後、ユベントスへの移籍を経て、1999年にアーセナルへ移籍しました。

恩師ベンゲル監督のもと4回の得点王に輝くなど、快足を活かしたプレーはファンの心を鷲掴みし、プレミアリーグでは258試合175ゴールを記録しています。

2003-04シーズンには、無配優勝を成し遂げたメンバーの攻撃を牽引し、このチームは「The Invincibles(無敵のチーム)」と讃えられました。

その後は、

  • バルセロナ
  • ニューヨーク・レッドブルズ

でもゴールを量産して活躍しました。

\アーセナルが無敗優勝を達成したメンバーやフォーメーションを解説/

アーセナルの無敗優勝を成し遂げたメンバーを紹介!黄金期のフォーメーションは?アーセナルが無敗優勝を成し遂げた時のメンバーを知りたいですか?本記事では、無敗優勝達成時のメンバーやフォーメーション、優勝までの軌跡を紹介します。...
【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
アーセナル1999-003117
2000-013517
2001-023324
2002-033724
2003-043730
2004-053225
2005-063227
2006-071710
アーセナル
(ローン)
2011-1241
プレミアリーグ通算258175

フランス代表としても、若い頃からその才能を世界に示し続け、1998年のフランスW杯ではチームの初優勝に大きく貢献。

その後もEURO2000での優勝など、フランスサッカーの黄金時代を築き上げました。

国際Aマッチでの記録は「123試合51ゴール」でした。

タッチラインを快足で駆け巡る姿が目に焼き付いています。

【6位】フランク・ランパード(609試合177ゴール)

「フランク・ランパード」は主に守備的ミッドフィルダーを務めていましたが、得点能力が非常に高い選手で、プレミアリーグでは609試合177ゴールを記録しています。

プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせたのはウェストハム・ユナイテッドです。

ウェストハムでの数年間は、伯父が監督、父がコーチにいるという環境下、時には厳しい批判にさらされることもあったそうです。

しかし、それを乗り越えて成長し、1999年にはイングランド代表に選出。

2001年にチェルシーへと移籍すると、在籍した13年間で、

  • プレミアリーグ優勝 3回
  • フットボールリーグカップ優勝 2回
  • FAカップ優勝 4回
  • FAコミュニティ・シールド優勝 2回
  • UEFAチャンピオンズリーグ優勝 1回
  • UEFAヨーロッパリーグ優勝 1回

という、輝かしいキャリアを築きました。

チェルシーにおいてはクラブの歴史上最も多くゴールを決めた選手として知られています。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
ウェストハム・
ユナイテッド
1995-9620
1996-97130
1997-98315
1998-99385
1999-00347
2000-01307
通算14824
チェルシー2001-02375
2002-03386
2003-043810
2004-053813
2005-063516
2006-073711
2007-082410
2008-093712
2009-103622
2010-112410
2011-123011
2012-132915
2013-14266
通算429147
マンチェスター・
シティ
2014-15326
通算326
プレミアリーグ通算609177

その後、

  • マンチェスター・シティ
  • ニューヨーク・シティ

にも所属し、引退後はサッカー指導者としての道を歩んでいます。

イングランド代表では、国際Aマッチ「106試合29ゴール」の記録を残しました。

高精度なミドルシュートや絶妙なタイミングでの前線への飛び出しが素晴らしい選手でした。

【5位】セルヒオ・アグエロ(275試合184ゴール)

「セルヒオ・アグエロ」はアルゼンチン出身で、プレミアリーグではマンチェスター・シティに10シーズン在籍し、275試合184ゴールを記録しています。

その間、

  • リーグ優勝5回
  • 得点王1回

という栄光を手に入れています。

2011-12シーズンのリーグ最終節、アディショナルタイムでのアグエロの劇的な逆転ゴールは、クラブを44年ぶりのリーグ優勝に導き、数多くのファンにとって忘れられない瞬間となっています。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
マンチェスター・
シティ
2011-123423
2012-133012
2013-142317
2014-153326
2015-163024
2016-173120
2017-182521
2018-193321
2019-202416
2020-21124
プレミアリーグ通算275184

アルゼンチン代表としても、若いころから国際舞台で光を放ち、2005年のFIFAワールドユース選手権で見せた卓越したパフォーマンスは、彼の才能を世界に知らしめるものでした。

国際Aマッチでは、「101試合41ゴール」を記録しています。

一瞬でマークを外す瞬発力と高い決定力を兼ね備えたストライカーでした。

【4位】アンディ・コール(415試合187ゴール)

「アンディ・コール」は、イギリスのノッティンガム出身で、1989年にアーセナルでプロキャリアをスタート、プレミアリーグでは415試合187ゴールを記録しました。

1993年にニューカッスル・ユナイテッドへと移籍すると、34ゴールをあげ得点王に輝く活躍を見せました。

1994年にマンチェスター・ユナイテッドへと引き抜かれると、容姿やプレースタイルが似ていた「ドワイト・ヨーク」とコンビを組み、二人の息の合ったプレーは〝ホットセット〟と称され、クラブを多くの勝利に導きました。

その後、

  • ブラックバーン・ローヴァーズ
  • フラム
  • マンチェスター・シティ
  • ポーツマス
  • サンダーランド

といったクラブを渡り歩きました。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
ニューカッスル・
ユナイテッド
1993-944034
1994-95189
通算5843
マンチェスター・
ユナイテッド
1994-951812
1995-963411
1996-97206
1997-983315
1998-19993217
1999-20002819
2000-01199
2001-02114
通算19593
ブラックバーン・
ローヴァーズ
2001-02159
2002-03347
2003-043411
通算8327
フラム2004-053112
マンチェスター・
シティ
2005-06229
ポーツマス2006-07193
サンダーランド2007-0870
プレミアリーグ通算415187

アンディ・コールが活躍した時代のマンチェスター・ユナイテッドは黄金期でした。

ファーガソン監督の下、アンダー世代から育成された

  • デビット・ベッカム
  • ガリー・ネビル
  • ポール・スコールズ
  • ライアン・ギグス

といったレジェンド選手たちと共演。

1998-99シーズンには、

  • プレミアリーグ
  • FAカップ
  • チャンピオンズリーグ

の3つの大会で優勝するトレブル(3冠)を達成、世界中に「赤い悪魔」を轟かせる原動力となりました。

ベッカムのクロスからゴールを決める、コールとヨークのコンビが好きでした。

【3位】ウェイン・ルーニー(491試合208ゴール)

「ウェイン・ルーニー」は、地元エヴァートンの下部組織に入団し、2002年に16歳298日でプレミアリーグデビューを飾ります。

プレミアリーグで491試合208ゴールを記録しました。

彼の非凡な才能はすぐに明らかになり、2004年にはイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドへと移籍。

  • プレミアリーグ優勝5回
  • チャンピオンズリーグ優勝1回
  • ヨーロッパリーグ優勝1回
  • クラブワールドカップ優勝1回

といった数々のタイトル獲得に貢献し、13シーズンもの間活躍し続けました。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
エヴァートン2002-03336
2003-04349
通算6715
マンチェスター・
ユナイテッド
2004-052911
2005-063616
2006-073514
2007-082712
2008-093012
2009-103226
2010-112811
2011-123427
2012-132712
2013-142917
2014-153312
2015-16288
2016-17255
通算393183
エヴァートン2017-183110
プレミアリーグ通算491208

イングランド代表では、2003年に17歳の若さでA代表デビューを果たします。

17歳317日の最年少得点記録や、国際Aマッチ「120試合53ゴール」といった輝かしい記録を残しています。

現役引退後は指導者の道を歩み始め、かつてのプレーヤーとしての経験を生かして若手選手の育成に尽力しています。

2012-14には香川選手ともプレーしています。息の合った二人のコンビネーションには痺れました。

【2位】ハリー・ケイン(320試合213ゴール)

「ハリー・ケイン」は、2004年の11歳のときに地元クラブのトッテナム・ホットスパーのユースチームに加入しました。

著しい成長と才能が認められ、2010年にトップチームに昇格。

2012年にプレミアリーグデビューを果たし、プレミアリーグ通算320試合213ゴールを記録しました。

キャリアの序盤こそはレンタル移籍を繰り返しましたが、2014年にトップチームに定着すると、

  • プレミアリーグ得点王3回
  • PFA年間ベストイレブン4回

といった目覚ましい活躍をみせ、世界が認めるストライカーへと成長しました。

現在は、ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンへと活躍の場を移しています。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
トッテナム・
ホットスパー
2011-1200
2012-1310
通算10
ノーリッジ・
シティ
2012-1330
トッテナム・
ホットスパー
2013-14103
2014-153421
2015-163825
2016-173029
2017-183730
2018-192817
2019-202918
2020-213523
2021-223717
2022-233830
通算316213
プレミアリーグ通算320213

イングランド代表としてもケインの足跡は深く、2015年のデビュー以来、国際的な舞台で数々の重要なゴールを決めています。

2018年のロシアW杯では、得点王に輝くとともにイングランドをベスト4に導く重要な役割を果たしました。

この功績が認められ、大英帝国勲章メンバーに選ばれるという栄誉を得るに至ります。

国際Aマッチでは「87試合62ゴール」を記録しており、ルーニーが保有していた代表最多得点数を更新しています。

個人的には、プレミアリーグで得点王や通算得点数の更新を目指してもらいたかったです。

【1位】アラン・シアラー(441試合260ゴール)

「アラン・シアラー」は、イングランドサッカー界の伝説的なストライカーとして知られており、プレミアリーグ通算441試合260ゴールを記録しています。

サウサンプトンのユースチームを経て、1987年にトップチームへ昇格すると、直後のアーセナル戦でハットトリックを達成し、素晴らしいキャリアをスタートさせました。

1992年にプレミアリーグ新興のブラックバーン・ローヴァーズへ移籍。

1994-95シーズンには得点王に輝く活躍でクラブのリーグ優勝へ大きく貢献し、翌シーズンも得点王を獲得しました。

その後移籍したニューカッスル・ユナイテッドでも得点王に輝き、3年連続プレミアリーグ得点王の快挙を成し遂げています。

【プレミアリーグ個人成績】
(※スライドできます)
所属クラブシーズン出場得点
ブラックバーン・
ローヴァーズ
1992-932116
1993-944031
1994-954234
1995-963531
通算138112
ニューカッスル・
ユナイテッド
1996-973125
1997-98172
1998-993014
1999-003723
2000-01195
2001-023723
2002-033517
2003-043722
2004-05287
2005-063210
通算303148
総通算441260

イングランド代表では、国際Aマッチ「63試合30ゴール」のみに終わっていますが、地元で開催されたEURO1996では得点王に輝いています。

度重なる怪我に悩まされながらも、1998年のフランスW杯ではイングランド代表としてキャプテンを務め、チームの核として戦いました。

260得点の記録を更新する選手が現れるのか期待したいですね。

\プレミアリーグの歴代得点王はコチラで紹介/

プレミアリーグの歴代得点王|最多受賞選手やシーズン最多得点数は?プレミアリーグの歴代得点王を知りたいですか?本記事では、プレミアリーグの歴代得点王や最多受賞選手などを紹介します。...

\プレミアリーグ全試合配信/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

ブライトンの試合を制限なく視聴できる!

プレミアリーグ通算得点ランキング|まとめ

  1. アラン・シアラー(441試合260ゴール)
  2. ハリー・ケイン(320試合213ゴール)
  3. ウェイン・ルーニー(491試合208ゴール)
  4. アンディ・コール(415試合187ゴール)
  5. セルヒオ・アグエロ(275試合184ゴール)
  6. フランク・ランパード(609試合177ゴール)
  7. ティエリ・アンリ(258試合175ゴール)
  8. ジャーメイン・デフォー(496試合163ゴール)
  9. ロビー・ファウラー(379試合162ゴール)
  10. マイケル・オーウェン(326試合150ゴール)

プレミアリーグが1992年に始まって以降、多くの選手が得点王として名を馳せてきました。

歴代得点ランキングトップに君臨する「アラン・シアラー」は、441試合で驚異の260ゴールを記録。彼の記録は現在も破られていません。

現在プレミアリーグでゴールを量産している「アーリング・ハーランド」がプレミアリーグに長く在籍してくれたら、シアラーの記録を更新する可能性も考えられます。

プレミアリーグの舞台で繰り広げられるゴールシーンをライブ配信で視聴したい方は、広告なしでテレビ視聴に対応している『U-NEXT』がおすすめです。

是非この機会に『U-NEXT』でプレミアリーグを視聴してみてはいかがでしょうか。

\『U-NEXT』でプレミアリーグを視聴するメリットはコチラで解説/

U-NEXTのプレミアリーグ視聴料金はいくら?SPOTV NOWパックのメリットを解説!プレミアリーグ2023/2024をU-NEXT「SPOTV NOWパック」で視聴したいと考えていませんか?本記事では、U-NEXT「SPOTV NOWパック」でプレミアリーグを視聴するメリットを紹介します。...
ABOUT ME
すだこ
はじめまして。サッカー大好き1986年生まれの『すだこ』といいます。 小学校3年生からサッカーをはじめ、高校時代にインターハイと選手権大会で全国ベスト16を経験しています。 当ブログ『リベログ』では、サッカー好きの方やサッカー初心者の方へ向けて、主にプレミアリーグやチャンピオンズリーグなどのサッカー情報を紹介します。
テキストのコピーはできません。
プレミアリーグを視聴するなら、広告なしでテレビ視聴に対応している『U-NEXT』がおすすめ!
U-NEXT「SPOTV NOWパック」
プレミアリーグ観るなら『U-NEXT』